おススメ情報

猫を飼うのに毎月いくら必要?実際に掛かった猫の初期費用と1ヶ月の飼育費用を公開します。

猫を飼育しようと思って、必ず気になるのは『費用』についてだと思います。我が家で実際に掛かった初期費用・飼育費用を基にして、だいたいどのくらい掛かってくるのかを調べました。猫用品は質や金額に幅があります。購入するモノ・しないモノもご家庭により出て来ると思いますので、その辺りも踏まえてまとめました。

初期費用(約3万~6万円)

猫を飼う上ではいくつか必要なモノがありますが、【最低限必要なモノ】と【猫にとってあったら良いモノ】と【あったら便利だったモノ】にまとめました。ちなみに我が家で実際に掛かった初期費用をまとめたところ約49,000円(去勢費用除く)でした。

最低限必要なモノ

ベンガル猫の飼育用品の初期費用(最低限必要なモノ)
  • トイレ……¥1,500~4,000
  • 食器………¥1,000~3,000
  • キャリー…¥2,500~4,000
  • ブラシ……¥500~3,000
  • 爪切り……¥1,000~2,000
  • 爪研ぎ……¥2,000~6,000

合計…¥8,500~22,000

選ぶ商品によって価格帯が大きく異なります。上記金額を大きく突き抜けた商品も出ています。トイレや食器は一般的な価格帯のものでも十分だと思います。キャリー、爪とぎ、ブラシ、爪切りなどは、安価すぎるものは避けた方が後悔しなくて済みます。また、我が家では猫ベッドは使っていませんが、購入する場合は2000~5000円くらいが相場でしょうか。10万円くらいする全自動トイレなどもあります。

猫にとってあったら良いモノ

ベンガル猫の飼育用品(あったら良かった)
  • 給水機…¥2,500~5,500
  • タワー…¥5,000~10,000
  • キャリーカバー…¥2,000

合計…¥9,500~17,500

給水機は水不足になりがちな猫の飲水量を増やしてくます。人間にとってもお水の管理が便利になるのでおススメです。キャットタワーは高いところが好きな猫にとってはあると嬉しいアイテムです。ハンモックや隠れ家が付いたものから、シンプルなものまでデザインも価格帯も様々です。猫の安全を考慮した倒れにくい商品であることが必須です。キャリーカバーは風よけと目隠しになります。環境の変化を怖がる猫には移動中のストレス軽減のためにあった方が良いです。

あったら便利だったモノ

ベンガル猫の飼育用品(あったら便利だった)
  • ケージ…¥10,000~20,000
  • 網戸ロック…¥600
  • 壁保護シート…¥3,000

合計…¥13,600~23,600

ケージは多頭飼育を考えてなければ、無くても良かったと思っています。大きいケージほど値段が高くなりますが場所を取るので、一時的に利用するのであれば比較的安価なスリムケージでも十分だと思います。網戸ロックは猫の脱走防止対策用品です。壁保護シートは猫が壁で爪とぎするのを防止するシートです。壁全面に貼ると高額になるので、角部分など猫が爪とぎしたがりそうな部分に貼っておくと良いです。

去勢・避妊手術

  • オス………¥15,000
  • メス………¥30,000
  • 検査費用…¥6,000

上記金額はテトとピノがお世話になっている動物病院の料金表です。病院によって値段が異なりますので、事前に問い合わせるなどすると良いと思います。手術の際は血液検査などの検査費用も掛かってきます。

飼育費用(1ヶ月/約6500円)

猫を飼う上で毎月どの程度の固定費が必要になってくるのかをまとめました。飼育費用に関しては、ご家庭の考え方によってかなり金額差が出て来きます。そのため具体的な金額は我が家の現在の状況を記載しました。1頭分で出しています。ペット保険には入っていません。
ベンガル猫の1ヶ月あたりの飼育費用

  • 食費………¥4,250
  • おやつ……¥300
  • おもちゃ…¥500
  • トイレチップ…¥400
  • トイレシート…¥200
  • 給水機関連…¥218
  • ワクチン…¥250(3種÷12ヶ月)

合計…¥6,118

調べた回ったところによると、猫の飼育費用1ヶ月辺りで5000~10000円くらいが相場のように感じました。我が家では生肉を与えている分、おやつは最低限しか与えず、おもちゃやトイレの消耗品も節約しています。

食費

各家庭によって金額の幅がかなり出てくるところです。あまりオススメしませんがスーパーで売っているような安価なキャットフードや猫缶を主食にすれば月2000円程度まで抑えることが出来るみたいです。食費アンケートのデータをいくつか見て回りましたが、3000〜4000円くらいが平均的な様子です。

猫の食費ついての詳細は『猫に生肉は大丈夫?生肉主食の猫達の実態と効果まとめ!』をご確認ください。

猫に生肉を与える効果やメリット!生肉主食の猫達の実態を紹介します我が家ではテトとピノには生肉(鶏)を中心に与えています。私も最初は「生の鶏肉なんて大丈夫!?」と思ってしまったのですが、4000匹以上の...

おやつ

おやつも各家庭により金額に差が出るところだと思います。我が家では猫とのコミュニケーションや躾けのために、ちゅーると焼かつおの2種類のみを与えています。テトとピノでちゅーるは1ヶ月6本、焼かつおは5本入り小ぶりサイズを3本くらい消費しているため単純にその半額で出しています。焼かつおは解してタッパに入れると冷蔵庫で3~4日程度持ちます。おやつは与えすぎると塩分過多なので注意。

おもちゃ

猫のおもちゃは消耗品です。毎月購入してはいませんが、月に換算すると500円くらいでしょうか。同じおもちゃばかりだと飽きてしまうので、色んな種類をまとめ買いをして小出しにしています。人間側が上手に使わないとすぐに壊れます。市販品だけでなく、アルミホイルを丸めた玉やコードを束ねる結束バンド、プラスチックの透明の蓋などでも喜んで遊びます。人間にとってはゴミでも猫にとっては魅力的なオモチャになるモノもあるので、安全で遊びそうなものは取り敢えず渡してみるとオモチャ代も節約できます。

トイレ

チップとシートをどれを選ぶかで金額が変わります。今回は格安シートとニャンとものやや高めのチップ(ケチって使った場合)で計算しています。
トイレについてはこちらにまとめています。

『デオトイレ』ではく『ニャンとも清潔トイレ』を選んだ理由と半年間使い続けてみた感想猫用トイレは種類が豊富でどれを選べばいいか悩みがちです。我が家では『デオトイレ』と悩んだ結果『ニャンとも清潔トイレ』を採用しました。 ...

給水機関連

自動給水機を使用しているのならば電気代と交換用フィルター代は必須です。電気代、フィルター代共に商品によって価格は異なります。特にフィルター代は価格の幅があるので、自動給水機購入の際には忘れずにチェックすると安心です!

猫の自動給水機『ピュアクリスタル セラミックス』を使ってみた感想!猫の水分対策におすすめ!猫の水分補給を促進するのに活躍する自動給水機ですが、色んな商品があってどれを選べばいいのか悩みどころです。今回は「絶対に失敗したくない」...

ワクチン

必ず掛かってくるのは、毎年1度のワクチン費用です。病院によって多少金額に違いがあります。またワクチン代の他に、初診料(1500円程度)などが必要になります

  • ワクチン3種…¥3000~5000
  • ワクチン5種…¥5000~7000

テトとピノは仔猫である1年目のみ、ワクチン5種を打ったのですが5000円でした。(一般的には3種を打ちますが、ブリーダー業界では子猫の免疫システムを考えて1年目のみ5種にするそうです)

まとめ

ベンガル猫の飼育費用と初期費用について
  • 初期費用…約3~6万円
  • 1ヶ月の飼育費用…約5000~1万円

猫の健康と安全が確保されるのであれば、無理のない範囲で揃えると良いかと思います。多頭飼育の場合はトイレや食器の数、食費やトイレの消耗品が倍くらいは必要になります。あとはやっぱり猫を飼ってみるととても可愛いので、ついついアレコレ買ってしまって予想外の出費が出てしまいます。