おススメ情報

ベンガル猫を飼ってみて分かったこと。魅力や性格、大変だったことなどを紹介します。

ベンガルキャットの2匹を家族に迎え入れてから、その魅力に魅せられてブログを始めることにしました。このブログではテトとピノの日常や、猫を飼う上で調べたり、実際に試したりしたおススメ情報なども発信していきます。これから猫を飼おうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ベンガルの魅力

ベンガルの魅力
ヒョウ柄の模様が美しいのはさることながら、個人的に最も魅力的なのが性格の良さです。人懐っこくて甘えん坊、おしゃべりが大好きな子が多い猫種なので、本当に毎日が楽しくて可愛くて溜まりません。運動量が多く遊ぶのが大好き。頭も良いので学習能力が高いです。その反面、悪知恵も働くのでイタズラもしますが、ある程度の躾も可能です。人間と上手にコミュニケーションを取ることが出来るので、お互いに愛情を持って生活することができます。

模様・毛色の種類

ベンガル 種類 色 模様模様は主に3種類でスポット(斑点)、ロゼット(ヒョウ柄)、マーブル(縞状)があります。毛色は豊富で定番のブラウンをはじめ、シルバー、メラニスティック(黒)などがあります。その他にもスノー、グレー、チャコールなどの毛色も生まれますが、かなりの希少種のため手に入りにくいです。

重さと大きさ

ベンガルは大型種なので、普通の猫よりも身体が大きくなり、体重も重くなる傾向にあります。オスは5〜8kg、メスは3〜5kgくらいまで大きくなります(お米をイメージすると重さ具合が分かりやすいです)仔猫がどのくらい大きくなりそうかは手足の大きさで多少予測できるようです。

テト
3ヶ月/1.5㎏~7ヶ月/4㎏と4ヶ月の間に2.5㎏(週150g)増えています。テトは獣医さんにも「手足が大きいね!」と驚かれるくらい大きいです。身体の大きな子は抱っこしたりした時の満足感が高く、ボディタッチでのコミュニケーションが取りやすいです。

ピノ
生後120日/1.2㎏~140日/1.4㎏と週に70gくらいづつ増えています。ピノは普通の猫と比べても小柄なサイズです。ピノが生まれた時にブリーダーさんが「この子は生きられないんじゃないか…」と思うくらいベンガルの中でも珍しいくらい小さい子です。小柄な子は何もかもが小さくて見ているだけで癒されます。

テトとピノについて

ベンガル 魅力 性格 ロゼット
テトは生後72日で我が家にやって来ました。ブラウン・スポテッド・ダービーの男の子です。かなり甘えん坊な性格で、我が家にやって来た初日から人間のベッドへ潜り込んで寝てしまうくらい人が好きな子です。寂しいときは変な声で鳴いてみたり、人の作業を邪魔したりと「かまってちゃん」です。おしゃべりが活発で、様々なニュアンスの鳴き声で飼い主とコミュニケーションを取ってくれます。

ベンガル メラニスティック 黒
ピノはテトとは4ヶ月違いで我が家にやって来ました。マーブルのメラニスティックで女の子ですが模様は薄っすらとしか見えません。普通の猫よりも小さく、とても小柄な子です。猫同士での生活が長かったのもありテトより猫らしい性格です。声がとっても小さくて、おしゃべりも少なめです。控え目な性格かと思いきや、自分より大きなテトを相手に容赦なく猫パンチを繰り出します。まだあまり人に慣れていないので、これから新たな一面が見えてくると思います。

ベンガルを飼育して大変だったこと

ベンガル 飼ってみて大変だったこと

毎日遊ぶのが意外と大変

普通の猫より運動量が多いので毎日10分でも一緒に遊んであげる必要があります。ものぐさな私には一人で毎日遊んであげるのが意外と大変で、二人暮らしでよかったと痛感しています。朝夜の食事やウンチの処理、イタズラをした時に叱ったりするなど・・・日常生活と並行して一人で全ての面倒みるのは結構大変です。

猫だけど犬並みな騒音問題

運動量が多い=とにかく活発です。飛び降りたり、走り回ったりが日常なので、防音の甘い賃貸ではちょっと飼いにくいかもしれません。主にテトの方ですが、何かを欲求する時の鳴き声がそれなりに大きくて、遠吠えのように「にゃおーん!!」とたくさん鳴きます。

体重が増えて来ると重い

テトが現在4kgなのですが、重いです。重いのに甘えん坊なので、膝の上に乗ってきたり、寝てる時にお腹に乗ってきたりすると可愛い反面、長時間は辛いです。予防接種などでキャリーによる持ち運びの際も大変です。

オスとメスの違い

ベンガルに限らず、性別によって性格の違いにある程度の傾向がみられます。違いの理由としては「メスは子供を産み・守り育てなければならない」という部分が影響しているようです。今のところテトとピノもおおよそ当てはまります。

男の子

ベンガル オス 性格 体重

  • 甘えん坊で人懐っこい
  • やんちゃで活発
  • 空気が読めない
  • 感情を素直に表に出す
  • 顔が丸く、体格ががっしり

女の子

ベンガル メス 性格 大きさ

  • あまり人にベタベタしない
  • 男の子と比べて大人しい
  • 用心深く慎重
  • クールで自立心がある
  • 顔が細く、スリム

ベンガルのお値段

私がベンガルを探していて見た中では5万~40万円と、模様によって値段の幅が大きいです。基本的にはロゼット模様がハッキリと美しく表れていて、毛質が柔らかく滑らかな程、お値段が高くなります。色については珍しい色程に高い値段が付きます。ペットショップで購入するより、ブリーダーから購入した方が同じ金額でも質の高いベンガルを買うことができます。ちなみにテトは16.8万円。ピノは12.8万円(セール価格/本来は25万円程)でした。

猫を家族にして良かったこと

ベンガル 飼ってよかった

毎日の生活が豊かになり、精神状態が安定しました。仕事へのモチベーションも上がっています。責任・お金・手間・時間などが掛かりますが、そんなことが気にならないくらい可愛くて、モフモフで本当に癒されます。最初は単独飼育でも良いと思っていましたが、テトとピノが一緒に遊んだり、くっついて眠ったり、2匹で甘えてきてくれたりする姿を見る度に、多頭飼育にして良かったと思っています。

にほんブログ村 猫ブログへ