猫の飼い方

【猫を飼ってから3年目の飼育費用】やっぱり医療費が高い!

9月で猫と暮らし始めてから3年が経ちました。

1年目は約17万円だった猫の飼育費用ですが、2年目は約29万円に…そして節約を誓った3年目はなんと約35万円となりました!

3年目はテトの膀胱炎やピノの肝臓の治療などが始まったことにより、今まではなかった療養食や医療費が多くかかってくるようになりました。

詳しい内訳を見ていこうと思います。

2年目の飼育費用についての記事は「猫を飼ってから2年目の飼育費用」で公開しています。

【猫を飼ってから2年目の飼育費用】29万円もかかった原因はごはん代!?9月で猫と暮らし始めてから2年が経ちました。去年は1年で約17万円だった猫の飼育費用ですが、2年目の今年はなんと29万円超えとなりました...

我が家の猫の飼い方

猫を飼うのにかかるお金
猫の飼育費用は飼い方によって大きく変わってきます。

我が家はフードはある程度の品質の良いもの(ロイヤルカナン、ヒルズ)を選び、おやつはあまりあげていません。

トイレ関連の消耗品は節約しつつ猫達の好むものを優先して選ぶようにしています。その他、猫の体調がおかしいと感じればすぐに必要な医療を受けさせています。

なお飼育費用については飼い猫であるテトとピノの2匹分のみで、保護猫の預かり分については含んでいません。

2年目でかかった飼育費用

それでは2020年9月から2021年8月までにかかった飼育費用を部門別に見ていきます。()内の金額はは去年との差額です。

食費は119,824円(-39,825円

猫を飼うのにかかるお金
  • ロイヤルカナン/インドア/ドライ…24,000円
  • ロイヤルカナン/インドア/ウェット…40,250円
  • ロイヤルカナン/ユリナリー/ドライ…2,214円
  • ロイヤルカナン/ユリナリー/ウェット…12,300円
  • ロイヤルカナン/キトン/ドライ…23,560円
  • ロイヤルカナン/キトン/ウェット…17,500円

テト(オス/3歳/6kg)はロイヤルカナンシリーズの中でもベーシックな室内飼育用のインドアのドライとウェットを食べていました。

2年目まではブリーダーさんから勧められた生肉を与えていたのですが、3年目はそれをやめたため食費は減っています。

しかし、2020年の7月に膀胱炎を患いストルバイトが見つかったため、ユリナリー系の療養食に変更となり、以降はずっと療養食を食べ続けることとなっています。療養食は通常のフードに比べて値段が高くなるので、来年はもっと食費が上がってきそうです。

ピノ(メス/3歳/3kg)は食が細いこともあり、ずっと仔猫用のフードのドライとウェットを食べていました。しかし肝臓の数値の経過観察でドライのみにした方が数値が良くなったことと、ピノがウェットをあまり好まなかったことから、今はドライのみを食べています。

おやつはピノが殆ど食べないので3年目は購入しませんでした。

猫用フード『ロイヤルカナン』は本当に安心なのか徹底的に調べてみた!気になる噂の実態は?少し前からテトとピノのドライフードを『ロイヤルカナン』に変更しました。理由はピノの肝臓の数値が基準値をほんの少しだけ上回ってしまったこと...

消耗品は40,592円(+10,706円

猫を飼うのにかかるお金
  • トイレ砂…24,158円(+10,711円
  • トイレシート…6,125円(-187円
  • 給水器関連…6,761円(+18円
  • ペット用消臭剤…3,548円(-164円

消耗品はトイレ砂が1万円ほどアップしましたが、それ以外は去年と同じくらいの出費でした。

テトの好むシリカゲル系の猫砂をメインに愛用しつつ、通常の猫トイレも導入したことで鉱物系の猫砂も買うようになりました。

トイレが不潔になると粗相の原因となってしまうので、今後の節約は難しいかな…?と思っています。

【システムトイレ用の固まらない猫砂】12種類のコスパや使用感を実際に使って比較しました!「システムトイレは便利だけど公式の猫砂が高い…!」 「種類が多過ぎてどの猫砂を選べばいいか分からない!」 「商品によって内容量が違って1...

おもちゃ代は3,326円(-5,372円

猫を飼うのにかかるお金

おもちゃは3年目はそこまでたくさん買いませんでした。

2匹とも仔猫の頃よりも遊ぶのが落ち着いてきたこともあり、おもちゃが長持ちするようになったのが大きな理由です。

医療費は137,097円(+79,667円

猫を飼うのにかかるお金

ワクチン…0円(-7,000円
健康診断…9,240円(-6,950円
治療費…85,913円(+76,323円
ノミダニ…21,560円(-770円
歯磨きケア…20,384円(+9,970円

ワクチンは「3年に1度の接種でもOK!」とのことだったので今年は打ちませんでした。

治療費はピノの肝臓の数値を下げるための投薬と薬を見極めるための通院で68,692円かかりました。薬を確定するまでは2週間に1回の通院(現在は月1回)だったこともあり、診察料や血液検査代がかさみました。

テトは7月頃に膀胱炎を起こして検査したところストルバイトができる体質と判明し、そこからはずっとユリナリー系の療養食を食べています。

膀胱炎と尿検査はそんなに高くなかったので医療費としては大きな金額にはなりませんでしたが、それよりも今後は療養食が高くなってくると思われます。(ウェットフード必須なので更に高い)

5月から11月はノミダニとフィラリア予防にレボリューションが入ります。完全室内飼育ならレボリューションはしなくても大丈夫ではあるのですが、外からやってくる保護猫を預かっていることもあり念のため。

歯磨きケアはデンタルバイオを1匹あたり1日1粒与えているのでその金額です。お陰様で歯はキレイな状態を保てています。

『レボリューションプラス』で夏のフィラリアとノミ・ダニ予防をしました!これから暑くなってくると活発になってくるノミやダニ…そしてフィラリア予防のために、テトとピノに『レボリューション』を投薬開始しました。意...
歯磨き嫌いな猫にオススメの『デンタルバイオ』は獣医師推奨の歯周病予防サプリ!猫の歯磨きの必要性はご存じでしょうか?人と同じく猫も歯垢が溜まり、それが歯石となって蓄積していきます。猫は虫歯にはなりませんが、歯垢や歯...

猫用品や家具などは46,629円(+28,945円

猫を飼うのにかかるお金

医療費の次にアップしたのが猫用品や家具類でした。

  • 窓用ベッド…5,500円
  • 窓用ベッド取り換え爪とぎ…3,300円
  • 猫ハウス/宇宙船…5,399円
  • 猫ハウス/テレビ…9,350円
  • キャットタワー…16,300円
  • キャットステップ…4,260円
  • 猫トイレ…840円

最近は可愛い猫用の飼育用品がたくさん発売されているので、気に入ったものを買い揃えました。(宇宙船ハウスはテトがキャットタワーから落下して壊したので新しく買いなおし)

どれも買って良かった!と思うものばかりだったので、しばらく使用感を確かめてからまたブログで紹介します!

吸盤で貼り付ける、猫用窓ベッドを使ってみた!最近、密かに注目されている猫用窓ベッドをご存知でしょうか? 吸盤で窓に貼り付けて使う猫用ベッドなのですが…「落ちないのかな?」という心...
めちゃくちゃ可愛い!『宇宙船ねこハウス』の組み立て方や注意点前からずっと気になっていた『宇宙船ねこハウス』を買ってみました! 可愛らしいデザインに一目惚れしたのですが、知らない中国メーカーの...

3年目の飼育費用まとめ

猫を飼うのにかかるお金
3年目で猫にかかったトータルの費用は347,468円でした。ずっと使える用品や家具類を抜くと、飼育費用としては300,839円です。1頭あたりだと150,419円くらいです。

1ヶ月あたりに換算すると2頭で25,069円くらい。1頭だと12,534円でした。

2019年のアニコムの猫にかける年間支出調査では、猫1匹辺りの飼育費用は158,680円だったので「それよりは少し安いかな?」程度でした。

ここ数年で猫の飼育費用の平均も上がってきているようです。

節約の限界を感じた年だった

猫を飼うのにかかるお金
1年目が17万円だった飼育費用ですが、3年目は35万円と2倍以上に金額が上がりました。

軽度でも何かしら継続治療の必要な疾患がでてしまうと、どうしても医療費や療養食の負担が大きくなるというのを身に染みて実感した年でした。

とは言え、節約のためにフードの値段を落としたりはできないので、節約志向から収入を増やす志向に転換する必要がありそうだと感じました。

ちなみに保護猫達にもお金はかかっていますが、医療費はボランティア団体負担・支援物資として寄付されたトイレシートやフードなども頂けるので、飼い猫ほどの負担にはなっていません。

2年目の飼育費用についての記事は「猫を飼ってから2年目の飼育費用」で公開しています。

【猫を飼ってから2年目の飼育費用】29万円もかかった原因はごはん代!?9月で猫と暮らし始めてから2年が経ちました。去年は1年で約17万円だった猫の飼育費用ですが、2年目の今年はなんと29万円超えとなりました...