保護猫活動

糖尿病の猫は食欲不振になったらすぐに病院へ!

ノルが我が家にやって来てから1年経ちました。

保護当時、3.7kgでガリガリだった体重も6kgまで増えて、糖尿病とも何とかうまく付き合ってこれています。

そんなノルですが、突然の食欲不振に見舞われました。

この記事は「虐待されていた猫がやってきた話12」の続きです。

3ヵ月分の糖尿病の治療記録【ノルは今日ものるる~んと元気です!】久しぶりのノルの保護猫記録です! 前回、3回目の通院で糖尿病の病状の値を示すフルクトサミン数値が減少して喜んでいたのですが、その後は微...

食べることに命をかけているノルの食欲不振

虐待されていた保護猫
ご飯の1時間前から「ご飯まだですかー?」と飼い主をストーキングするくらい、食べることが大好きなノル。

そんなノルが、ある日突然ご飯を食べないとう異常事態に!

虐待されていた保護猫
糖病病の子はインスリンを投与しているので、ご飯が食べられないというのは普通の猫よりも大変なことです。

病院に連れて行って、診察をしてもらいました。

虐待されていた保護猫
点滴を入れてもらって、お腹の気持ち悪さを軽減するお薬を貰いました。

点滴とお薬が効いたのか、次の日にはいつも通りご飯を食べられるようになっていたのでよかった!

衝動買いした『うどん』

虐待されていた保護猫
Amazonで旦那が衝動買いしたうどんベッド。

誰も入ってくれないベッドでしたが、ノルが気に入ってくれたようです。

虐待されていた保護猫
身体の大きなノルでもちょうど良いサイズだったらしく、うどんに入ってまったり。

虐待されていた保護猫
しばらく置いておきましたが、ノル以外は使ってくれなかったのでブログレビュー候補から外れました(笑)

暑がりノル

虐待されていた保護猫
自分から他の猫にくっつくことはしない暑がりノル。

他の猫がくっついてきたときは受け入れています。

虐待されていた保護猫
男同士、喧嘩ごっこをしたりしてそれなりに仲良くやっています。

虐待されていた保護猫
ふわふわで温かいノルは、寝心地もいいらしい。

虐待されていた保護猫
ノル枕でお昼寝するテトと、それを受け入れながら自分もお昼寝するノルです。

虐待されていた保護猫
でもしばらくすると熱くなっちゃったらしく、フローリングにはみ出ながら転がってた。

虐待されていた保護猫
冬でもフローリングで転がってることが多いので、本当に暑がりさんです。

新しいキャットタワー

虐待されていた保護猫
新しく買ったキャットタワー。

虐待されていた保護猫
リビングでお腹を向けて転がっているノルですが、昼間は隠れられる場所で寝るのが好きみたい。

虐待されていた保護猫
ノルには少し狭いかと思ったのですが、気に入ってくれた様子。

虐待されていた保護猫
気持ちよさそう

虐待されていた保護猫
でもやっぱりノルには少し狭いらしくて、たまに出てる(笑)

支援物資と寄付のお願い

おじさん猫がイケおじ猫になった日
ノルは元飼い主による飼育放棄と虐待により、保護猫団体にレスキューされた保護猫です。現在もノルの所属は『西東京市 地域猫の会』さんです。

猫の会さんではノルの医療費へのご寄付、ご飯や消耗品などの支援物資へのご協力をお願いしております。もしよろしければノルや他の保護猫達へのご支援、よろしくお願いいたします。

詳しくは「西東京市 地域猫の会さんのHP」をご確認くださいませ。

何卒、よろしくお願いいたします。