保護猫活動

ナノに続いてアトまでも…!検便の結果、判明した原因は寄生虫!?

トライアル直前で下痢をしてしまったナノ。

投薬を5日ほど続けたところで、ようやく便の状態が改善してきました。

安心したのもつかの間…なんと今度はアトが下痢になってしまいました。

この記事は「324gの小さな仔猫13」の続きです。

トライアル目前でナノが突然の体調不良!?明確な原因は分からず…前回、ナノとアトをご希望くださったご家族さまのお家でお見合いを行いました。 その結果、前向きにお話を進めていたのですが…トライアル数日前...
離乳食からはじめる保護猫生活!手のひらサイズの小さな仔猫がやってきた「低木の枝に引っかかって動けなくなっている仔猫がいる…!」 そんなSOSによって保護された仔猫は、まだ324gの小さな小さな命でした。 ...

今度はアトが下痢!

保護猫ボランティアの活動記録
ナノの軟便が治った次の日の朝。

今度はアトが下痢をしてしまい、すぐに病院へ連れて行きました。

保護猫ボランティアの活動記録
ナノと同じく食欲はあり、元気な様子です。

保護猫ボランティアの活動記録
エコーでお腹も見てもらったのですが異常は見つからず…。

持参したアトの便を検便のために預けて、ナノと同じ内容のお薬をもらって帰宅しました。

保護猫ボランティアの活動記録
病院から帰宅後、普段は行かないようなのPCの裏側に隠れていたアト(怖かったらしい)

その後、病院から「アトのウンチの中に回虫(寄生虫)の卵が出た」と連絡が!

これによりナノの下痢も寄生虫の可能性が高いと判明したので、トイレを共有している我が家の猫たちは全頭一斉駆虫を行うこととなりました!

保護猫ボランティアの活動記録
寄生虫はとにかくしつこくて、検便をしっかりやっても出なかったり、駆虫をやっていたのに数ヵ月後に出てきたりすることがあります。

我が家は預かりをやっているので飼い猫も、半年の1度くらいは検便していますが今まで引っかかったことはなく…今回、初めての寄生虫発見でした。

保護猫ボランティアの活動記録
回虫の卵には薬が効かないので、1回目の投薬から3週間後にもう一度お薬を飲む必要があります。

3週間は、ちょうど卵が孵って次の卵を産む前のタイミングなので、2回お薬を飲むことでようやく駆虫完了となります。

アトは1回目の駆虫薬を飲んだらすぐに下痢が治まったので、2回目の駆虫についてはトライアル中か正式譲渡後に行うことにしました!

べビーからキトンへ

2匹の下痢の原因も分かって一安心。

トライアル開始日も決めることができたので、後は当日を迎えるまでは今まで通り我が家で過ごします。

保護猫ボランティアの活動記録
ナノを枕にして寝ているテトですが…

保護猫ボランティアの活動記録
やり返されて敷布団にされていた(倍返しナノ)

保護猫ボランティアの活動記録
図太くなりました笑

保護猫ボランティアの活動記録
敷布団が窮屈になったテトは早々に退散。

あんまり遊んでくれなかったカクレクマノミのぬいぐるみ(犬用おもちゃ)をお腹に抱っこしてるナノです。

保護猫ボランティアの活動記録
ナノもアトも体重が1.8kgになって、ハンモックも窮屈になってきました。

保護猫ボランティアの活動記録
それでも3匹で無理やりおさまる笑

片手で軽々持ち上げられた2匹も、順調に大きくなっています!

保護猫ボランティアの活動記録
そろそろ生後4ヵ月を越えるので、主食もベビー用フードからキトンへの切り替えを行いました。

もう赤ちゃんなんて言わせないにゃ!

先輩猫たちとの暮らしもあとわずか

保護猫ボランティアの活動記録
テト以外の猫とも仲良しなナノ。

ピノと並んでる。

保護猫ボランティアの活動記録
カーペットの端が捲れているのは、ナノがガジガジけりけりして遊びまくったからです。

保護猫ボランティアの活動記録
ピノがお気に入りの場所はナノも居心地がいいようで、相席中。

保護猫ボランティアの活動記録
「別にいいけどネ…」という感じで、傍にいることを許しているピノ。

保護猫ボランティアの活動記録
ノルとは他の猫とくっついて寝たりすることはありませんが、仔猫たちとは同居猫としてお互いストレスなく暮らせています。

保護猫ボランティアの活動記録
2匹、並んで夕ご飯の催促中です。

保護猫ボランティアの活動記録
324gからは大きくなったと思っているけれど、成猫と比べるとまだまだこのサイズ。

保護猫ボランティアの活動記録
先輩猫たちには仔猫同士では学べないことをたくさん教えてもらいました。

特にテトには甘えていたナノとアトですが、一緒に過ごせるのももう残りわすかです。

ナノとアトはずっと一緒

保護猫ボランティアの活動記録
ナノが我が家に来たとき、「まだこんなに小さい子には同世代の相棒が必要だ!」と思い、私のワガママでお友達をお願いしました。

もちろんご縁あってのことなので確実ではなかったのですが…

保護猫ボランティアの活動記録
アトが来てくれたことにより、ナノの噛み癖も収まり、2匹はとても仲良しになりました。

保護猫ボランティアの活動記録
新しいお家では、猫はナノとアトだけになります。

今までのようにテトに甘えることができなくなる代わりに、ナノとアトが今よりもお互いで支え合うようになっていきます。

保護猫ボランティアの活動記録
本当の姉妹じゃないけれど、そんなの感じさせないくらいに仲良くなった2匹はこれからもずっと一緒。

保護猫ボランティアの活動記録
活発で明るくて警戒心のないナノは、アトのことをきっと引っ張って行ってくれるはず。

保護猫ボランティアの活動記録
環境に馴れるまで時間がかかるアトですが、ナノのことをしっかり支えてくれると思います。

保護猫ボランティアの活動記録
このイラストはトライアル先のお姉ちゃんが、ナノとアトを描いて送ってくれました!

せっかくの夏休みシーズンなのにトライアル開始予定が伸びてしまっていたのですが、2匹と暮らせるのを本当に楽しみにしてくれている気持ちが伝わってきてとても嬉しかったです!

保護猫ボランティアの活動記録
ナノとアトをたくさん愛してくれるお家だから、きっと上手くいくよ!

トライアルは、もう目前です。