保護猫活動

保護されてきた仔猫の療養開始!

不潔な環境から保護されてきた仔猫のミニラとチビラ。酷い猫風邪と結膜炎を発症していたため、まずは療養を開始しました!

この記事は「ミニラとチビラがやってきた1」の続きです。

酷い猫風邪と結膜炎の仔猫を元気にするプロジェクト!ここ数日で冷え込みが強くなってきました。そろそろ野良猫たちにとっては過酷な季節がやってきます。 我が家では飼い猫のテトとピノ、飼育放棄...

栄養たっぷりのご飯を食べよう!

保護されてきたばかりのミニラとチビラは、外見を見て分かる通り猫風邪でボロボロです。鼻水やクシャミ、目やにがとっても酷いです。

朝から何も食べていないということで、まずは栄養たっぷりのご飯を食べましょう!

仔猫への投薬と療養
汚れや目やにを取るために、ぬるま湯をつけたコットンで拭いたので更に貧相な感じに…(汗)

仔猫への投薬と療養
「生肉たべるかな?」と少量を出してみると、すぐに食いつきました!食欲は旺盛なので一安心です。

仔猫への投薬と療養
しばらくは生肉とロイヤルカナンの仔猫用ウェットフードをメインで食べさせます。

ちなみに、生肉とロイヤルカナンでは生肉の方が人気でした。先に生肉を食べ切ってから残ったロイヤルカナンを食べる…という感じでした。

お薬は目薬と飲み薬

仔猫への投薬と療養
ご飯を食べたらお薬です。処方されたのは飲み薬と目薬の2種類です。飲み薬は食後に1日2回。目薬は1日に3~4回です。

仔猫への投薬と療養
シリンジで薬を飲ませるのは初めてです。

仔猫への投薬と療養
暴れるので保定しながら、口の中にシリンジを突っ込みます。意外と上手くいきました!

仔猫への投薬と療養
飲み薬は甘い味なので、飲みやすいはずなのですが…やっぱり嫌だよね。

仔猫への投薬と療養
あまり長時間拘束すると可愛そうなので、手早く済ませるようにします。

温かくて清潔な場所でおやすみなさい

仔猫への投薬と療養
食事と投薬が終わったら、疲れたのかすぐに眠りはじめました。暖房と加湿器を付けて、しばらくはそっとしておきます。

仔猫への投薬と療養
猫風邪による鼻水で呼吸が苦しいのか、どうしても上を向くような体勢になってしまいます。

仔猫への投薬と療養
チビラのほうは口をあけっぱなしで寝てる姿も。鼻詰まりの寝息が苦しそうで、早く呼吸だけでもしやすくなるといいのですが……。

先住猫達の様子は?

こんなに小さい仔猫がやってきたのは初めてです。テトとピノとノルはどんな反応をしているのでしょうか?

仔猫達は猫風邪が酷いので、しばらくは部屋を分けての隔離生活となります。とはいえ、先住達はニオイで新しい子がやってきたのには気づいているはず。

仔猫への投薬と療養
テトは隔離部屋のドアの前で様子を伺っていました。少し落ち着かない様子ですが、すぐにいつも通りに戻っていました。

仔猫への投薬と療養
ノルはいつも通り寝ていました。

仔猫への投薬と療養
ピノは……

仔猫への投薬と療養
警戒していた(笑)

これから仔猫達との新生活のスタートです!みんなで仲良く走り回れるような日が来るといいな。