保護猫活動

お顔の毛が剥けてきちゃった!先住猫たちとも順調に打ち解けてきている仔猫

仔猫がやって来てから8~10日の保護記録です。

まだ我が家で長期預かりになることが決まっていなかったので、名前はまだありません。

この記事は「心臓に異常があった小さな仔猫4」の続きです。

小さいクセにとってもアクティブ!とら子としま子とは仲良くできるのか?仔猫がやって来てから5~7日の保護記録です。 今までは1日に何度か、人の目の届く範囲でのケージフリーでしたが夜以外ケージをフリーにして、...
保護された仔猫には心臓に疾患が…!むくみと怪我で薄汚れた、ひとりぼっちの小さな仔猫21~22年の冬は例年に比べて寒さが厳しく感じます。 秋に外で生まれた仔猫たちは冬を乗り越えられずに死んでしまう子も多く、我が家として...

家猫生活8日目

保護猫ボランティアの活動記録
保護時に怪我をしていた部分の毛がポロポロと抜けてきて、ピンク色の皮膚が見えてきました。

保護猫ボランティアの活動記録
傷のあった前脚の肉球も皮膚が厚めに剥けてきて…

保護猫ボランティアの活動記録
翌日にはかなりの面積が剥がれ落ちていました。

保護猫ボランティアの活動記録
この時期に処方されていたお薬は4種類です。

浮腫みをとるための利尿剤、消炎剤と抗生剤を混ぜたもの、猫風邪の原因となるカシリウィルスに効果のあるインターキャット、それから心不全のお薬(ピモベハート)です。

保護猫ボランティアの活動記録
1日に2回も、たくさんお薬を飲まないといけないのでお互いに大変。

私生活?はとっても順調

お家の中で人と同居するという新しい環境にもすっかり慣れた仔猫。

そんな様子を紹介します。

保護猫ボランティアの活動記録
初日から問題なくおトイレを使いこなせる良い子。

保護猫ボランティアの活動記録
段ボールハウスに顔を突っ込んでご飯を食べてる仔猫。

もう段ボールハウスもなくて大丈夫そうですが、大人猫からご飯を守る効果があるので引き続き活用中です。

保護猫ボランティアの活動記録
仔猫は遊ぶのも大好き!

毎日、違うおもちゃを出して遊ばせていますがどれも興味津々で楽しんでくれているので遊ばせがいがあります。

保護猫ボランティアの活動記録
完全ケージフリーになってからは、色々な場所で過ごすようになりました。

保護猫ボランティアの活動記録
どこが過ごしやすい場所かどうか、いろいろと試しているみたいです。

保護猫ボランティアの活動記録
もうすっかりコワいものなしで、お家の中を満喫する仔猫なのでした。

どんどん拡がるオトモダチの輪

保護猫ボランティアの活動記録
テトのことは相変わらず大好きで、なんやかんやで後を付いて回っています。

保護猫ボランティアの活動記録
ずっと仔猫にシャーシャーしてたノルも威嚇解除となり、気がづくと一緒に寝るくらい打ち解けていました。

保護猫ボランティアの活動記録
ノルのふわふわベッドはとっても狭そう(笑)

保護猫ボランティアの活動記録
ノルは受け入れ済みの猫であれば、差し出すと誰でも頭をペソペソ舐めてくれる機能が付いているので、相性がよい相手なら仲良しになれるタイプです。

保護猫ボランティアの活動記録
しま子ともいつの間にか距離が縮まっていて、お互いに近くで過ごせるようになっていました。

保護猫ボランティアの活動記録
仔猫にシャーされてビビっていたしま子ですが、年齢が近いこともあり、夜中の運動会で仲良くなったのかな?

猫は2歳くらいまでなら、新しい子を受け入れやすい時期なので、今は姿の見えないとら子ともそのうち仲良くなってくれると思います。

この記事の続きは「心臓に異常があった小さな仔猫06」へ。

最後の尊厳とのお別れと、仔猫の新しい名前仔猫がやって来てから10~12日の保護記録です。 野良時代につくった傷は回復傾向にありますが、まだまだ治療途中です。 この記事は「心臓...