レビュー

『デオトイレ』ではく『ニャンとも清潔トイレ』を選んだ理由と1年間使い続けた感想

猫用トイレは種類が豊富でどれを選べばいいか悩みがちです。我が家では『デオトイレ』と悩んだ結果『ニャンとも清潔トイレ』を買うことに決めました。

今回は『ニャンとも』を選んだ理由や1年間使い続けてみた感想をまとめました。猫用トイレでお悩みの方、『ニャンとも』を検討中の方、『デオトイレ』とどちらにするか悩んでいる方におススメのレビュー記事です。

ニャンとも清潔トイレについて

ニャンとも清潔トイレを使ってみた感想
標準価格:3,000円/トイレシートとチップ付き

我が家で使っているのは『ニャンとも清潔トイレ』のオープン型です。トイレの管理が簡単で臭い対策に優れた『システムトイレ』です。

『ニャンとも清潔トイレ』は2019年3月末より「快適」「健康」「清潔」をより考慮した改良版が発売されました!出入口を1cm低くしたり、トレイの形状を変えたり、ドーム形の中を広くしたりと細かな部分が改良されているみたいです。デザインも丸っこい感じからくびれのある感じになりました。

今回の改良版で一番の進化と言えるのは、シートを入れるトレイ部分が前後に反転して入れ替えできるようになったところです。一部に偏ってオシッコをする猫の場合、旧製品では中のシートを反転しなければならなかったのが、トレイ毎反転できるようになって便利度がぐっと増しました!

色は全2種類+限定カラー

ニャンとも清潔トイレを使ってみた感想
色はベージュとブラウンの2色が出ています。旧製品になりますがAmazon限定でホワイトもあります。

我が家ではベージュとブラウン両方使っています。ベージュはウンチが付くとすぐに気が付いて掃除ができます。ブラウンは一見汚れが目立ちませんが、光の角度の反射で確認できます。表面に薄く粉が付いているシリカゲル系の猫砂を使いたい場合はベージュがオススメです。それ以外では、好みやお部屋のインテリアに合わせて選んでもOKです!

オープン型とドーム型

ニャンとも清潔トイレを使ってみた感想
オープン型と全体が囲われているドーム型があります。ドーム型のメリットとしてはチップが飛び散りにくくなること、オシッコの臭いが上がってきにくくなることです。デメリットとしては、高さがあるので上にスペースが必要なこと、ウンチの処理がしにくいこと、大型種には狭いこと、臭いが中に籠りやすいこと、です。

猫にも「囲われていると安心」「中に入るのが怖い」など、好みがある子もいるようなのでそちらも考慮しつつ選ぶと良いかと思います。

我が家ではトイレ設置スペースの構造上の関係からオープン型を選びました。あとは「猫がトイレをしている様子が遠目からでも観察出来たらいいな」という邪な理由です。

システムトイレとは?

システムトイレは従来のトイレに比べて、嫌な臭いの発生を少なくし、日頃の掃除が簡単なのが特徴です。ウンチを直ぐに取り除けば、1週間は何もしなくてもOKという飼い主にも優しい商品です。オシッコの状態が確認しやすくなったことで、血尿などの異常にも気付きやすくなりました。

猫用システムトイレ『ニャンとも清潔トイレ』の仕組み
システムトイレは上下2階層になっています。1層目には脱臭・抗菌作用のあるチップ、2層目には吸水シートを敷いて使います。オシッコはチップを通って2層目の脱臭効果のあるシートに吸水されます。ウンチはチップの上に残り、スコップなどで回収して処分します。

システムトイレのお手入れ方法

オシッコの処理

猫用システムトイレ『ニャンとも清潔トイレ』の仕組み
オシッコは2層目のトイレに敷いたペットシートに吸水されます。汚れたシーツは燃えないゴミに捨てて新しいシートと交換します。交換頻度はペットシートの種類によって異なります。毎日交換するものから1週間に1度の交換でOKなものなどがあるので、飼い主さんの好みで選ぶことが出来ます。個人的には毎日交換するタイプのシートがオススメです。

ウンチの処理

猫用システムトイレ『ニャンとも清潔トイレ』の仕組み
ウンチをしたらその都度、早めに付属のスコップなどで取り除きトイレに流すなどして処理します。ウンチの付いたトイレ砂も一緒に取り除き、トイレ砂が減ってきたと感じたら追加します。トイレに流せる砂を使っている場合はトイレットペーパーなどで取り除くとスコップを洗う手間が省けて楽です。

トイレ本体

猫用システムトイレ『ニャンとも清潔トイレ』の仕組み
トイレ本体は1ヶ月に1度、トイレ砂を交換するときに丸洗いします。パーツを分解すると結構かさばるのでお風呂場で洗うのがおススメです。

トイレ用洗剤やお風呂洗剤で洗っている方が多いようです。臭いが気になる場合は重曹・クエン酸・オキシクリーンなどが効果的ですが熱湯を使うのでちょっと大変です。長く使っているとやはり臭いがしみ込んでくるので、我が家は何年かに一度は買い替える予定です。

『ニャンとも清潔トイレ』を使ってみた感想

猫用システムトイレ『ニャンとも清潔トイレ』のレビュー
猫達に関しては嫌がる様子もなく、上手に使ってくれています。

オープン型なのでチップの飛び散りは多少ありますが、あまり気になる程ではないので普通に使いやすくて気に入っています。日々の管理についてはそんなに手間が掛からないことと、適切に使用していれば嫌な臭いも最低限に抑えらる部分はとてもありがたいです。

一番大変だと思うのは月に1度のトイレ丸洗いですが、猫を飼っている以上は当たり前の手間だと考えています。トイレ本体自体が3000円程度なので、長く使って臭いが染み付いてしまっても買い替えやすいのも魅力的です。

ただ、公式のシートと猫砂(チップ)は高いので、別の商品で代用すると半額以上に節約できるのでおススメです。我が家で実際に使ってみた猫砂については月々のコスパ情報も合わせて『システムトイレ用の猫砂のコスパや使用感を比較しました』でまとめてあります。

システムトイレ用の猫砂6種類のコスパや使用感を実際に使って比較しました!猫用システムトイレの砂は種類が多過ぎて、どれを選べばいいの悩んでしまいます。商品によって内容量や使用量が異なっていて、ぱっと見て1ヶ月に...

『デオトイレ』ではなく『ニャンとも』を選んだ理由

『ニャンとも』と『デオトイレ』の比較
システムトイレを選ぶ際に『デオトイレ』か『ニャンとも』のどちらが良いのだろう?……と悩んでいる方は多いと思います。両方ともお値段もお手頃だし、知名度があり取り扱い店舗も多いので、私もこの2つで悩みました。

大きさの違い

『ニャンとも』と『デオトイレ』の比較
出入口の高さが1.5cm程ですが『ニャンとも』のが低いので猫の出入りがしやすくなっています。奥行きについては2.5cm程『デオトイレ』の方が小さいですが、それ以外はほぼ同じサイズです。数値には出ていないですが、中の広さと、トレイの中の横幅は『ニャンとも』の方が広く作られています。

色の違い

『ニャンとも』と『デオトイレ』の比較
『ニャンとも』はベージュとブラウンの2色のみですが、『デオトイレ』はアイボリー・ブラック・ミントブルーの3色があります。Amazon限定のシルキーホワイトもあります。両社ともライバル商品と被らないカラーバリエーションを展開しているので、お好みの色で決めてしまっても良いですね。

個人的な決め手

トイレ本体の仕組みや性能はどちらも同じなので、基本的にはデザインや色の好みで決めました。ただ、私が『ニャンとも』を選んぶ後押しとなった理由は他にもありまして……

シーツを入れるトレイに高さがあって、他社のシートでも入れやすいから!でした。
『ニャンとも』と『デオトイレ』の比較

『デオトイレ』も『ニャンとも』も専用のチップとシートが出ていますが、公式商品はお値段が高めです。安価で優秀な代替品はいくらでもあるので、それが使いやすい構造ならば即決でした。

『デオトイレ』はトレイの幅も高さも『ニャンとも』より狭いので、粉になる木製チップなどがトレイから零れてしまうというレビューも見かけました。

また、実際に使ってみて気付いたのですが、シートを交換し忘れてトレイの中にオシッコが溜まってしまった時なども深さがあるので助かりました。実は医療目的でオシッコのみを採取することも考えられているようです。
『ニャンとも』と『デオトイレ』の比較

もちろん『デオトイレ』の方も他社のシートが使えないことはないので、『デオトイレ』の方が色やデザインが好みであればそちらを選んでも問題ないと思います。

トイレの数と設置場所

多頭飼育での猫のトイレ設置場所と数
猫のトイレは飼育頭数+1が理想的です。我が家はテトとピノがいるので、『ニャンとも』の大人用システムトイレが2つと、子猫用のシステムトイレ1つを設置しています。リビングダイニングではスペースの関係上、成猫用トイレと仔猫用トイレを設置。寝室に大人用トイレを設置しています。

多頭飼育での猫のトイレ設置場所と数
2匹それぞれ別のトイレを使うのかと思ったら、そんなことはなく。仲良く3つのトイレを共有しているみたいです。ピノはウンチもオシッコも白いトイレを使います。テトはウンチは白いトイレ、オシッコは仔猫用トイレを使います(図体がでかいのに何故だか小さいトイレを愛用している)寝室の茶色いトイレはサブ的な扱いで使用頻度は低めですが、2頭とも共有でオシッコとウンチをしています。

猫の中にも序列があって、弱い猫はトイレが十分な数がないと我慢してしまうらしく、そのために頭数+1個が理想的です。ただ、猫同士の関係性を見て不要そうであれば2つでも大丈夫だとブリーダーさんに教わりました。テトとピノもトイレを上手に使い分けているので、本来ならば成猫用トイレ2つで十分です。

トイレのおススメ消臭グッズ

システムトイレを使っていても、やはり臭いはどこまでも気になります。そこでおススメなのがペット専用の消臭スプレーです。比較的安価ながらにそれなりの効果が得られます。
猫トイレ消臭対策スプレー『ぺっとくりん』
ペット用消臭スプレーは色々なメーカーから出ていますが我が家では『ぺっとくりん』を愛用しています。使用方法は臭いが気になる箇所にスプレーするだけです。ウンチをした後のトイレチップにスプレーしたり、トイレを丸洗した後に臭いが気になる箇所に使ったりしています。効果が強力なので絨毯やカーテン、スーツなどの除菌・消臭にも役立っています。

詳しくは『実際に効果があった猫の脱臭対策3選』で紹介しています。

実際に効果があった猫の消臭対策3選!獣臭やおしっこ臭におすすめ!猫に限らず、ペットを室内飼育していると気になるのが『お部屋の獣臭とトイレの臭い』です。何の対策もしないでいると、犬猫の獣臭はあっという間...

 猫トイレ 1ヶ月の費用

猫の1ヶ月にかかるトイレ費用

猫のトイレに掛かる費用は、猫砂代+シート代になります。どの商品を選ぶかによってかなり価格が変わってきます。今回は我が家で現在愛用している猫砂とシートでの金額を出しました。

猫砂:¥133(木の消臭ペレット)
シート:¥200(1日交換シート)
1ヶ月の合計:¥333
(トイレ1個分/1頭分で出しています)

ちなみに『ニャンとも』の公式商品で揃えた場合は1ヶ月で931円くらいになります。固定費は出来る限り安く抑えられると嬉しいですね。

我が家で使っている猫砂や今まで試してみた猫砂については『実際に使って比較しました!システムトイレ用の猫砂レビューまとめ』で紹介しています。

システムトイレ用の猫砂6種類のコスパや使用感を実際に使って比較しました!猫用システムトイレの砂は種類が多過ぎて、どれを選べばいいの悩んでしまいます。商品によって内容量や使用量が異なっていて、ぱっと見て1ヶ月に...