レビュー

猫の多頭飼いトイレ事情!『デオトイレ』と『ニャンとも』を比較します

我が家で使っている猫用のシステムトイレを紹介します。『デオトイレ』ではなく『ニャンとも』を選んだ理由、実際に使ってみた感想、おすすめのチップやシートなどをまとめました。

ニャンとも清潔トイレ

ニャンとも 使ってみた感想

標準価格:\2000前後
我が家ではこちらの『ニャンとも清潔トイレ』のオープン型を使っています。システムトイレは従来のトイレに比べて、臭いの発生も少なく日頃の掃除が簡単なのが特徴です。ウンチを直ぐに取り除けば、1週間は何もしなくてもOKとうい商品です。オシッコの状態が確認しやすくなったことで、血尿などの異常にも気付きやすくなっています。トイレ本体にはチップとシートが付いてくるので購入後はすぐに使用可能です。ニャンとも 仕組み
システムトイレの仕組みは上下2階層になっています。1層目には脱臭・抗菌作用のあるチップ、2層目には吸水シートを敷いて使います。オシッコはチップを通って2層目の脱臭効果のあるシートに吸水されます。ウンチはチップの上に残り、スコップなどで回収して処分します。

専用の吸水シートを使用すれば1週間は交換する必要がなく、チップに関しては1ヶ月も交換不要なので、とにかく日頃のお手入れが楽ちんです。トイレ自体は1ヶ月に一度、チップを交換する際に丸洗いすいればOKです。

『ニャンとも清潔トイレ』を使ってみた感想

普通に使いやすいです。オシッコの臭いはチップとシートが脱臭してくれるので、適切に使用していれば臭いは殆ど気になりません。流石にウンチはすぐに処理しないと部屋が臭います。チップも外に飛び散りにくく設計されているので、毎日2、3粒を拾うくらいです。やはり日頃のお手入れが簡単なのはとてもありがたいですね。色はベージュ、ブラウンの2色ですが、汚れに気付きやすいのはベージュでした。

 『デオトイレ』とどっちがいい?

そしてシステムトイレ自体もいくつか種類が出ているのですが、大体悩むのが『デオトイレ』か『ニャンとも』のどちらかだと思います。お値段もお手頃だし、知名度があり取り扱い店舗も多いので、私もこの2つで悩みました。比較をしてみても仕組み的にはどちらも同じなので、デザインや色などの好みで選ぶ方が多いようです。ちなみにチップやシートも各社専用のモノを使うよう勧めていますが、他社のモノを使っても全く問題ないです。

ニャンとも デオトイレ 比較

そんな中、私が『ニャンとも』トイレを選んだ決定的な理由が…

2層目の引き出しに高さがあって、規格サイズ外の他社のシートでも入れやすいから!

『デオトイレ』も『ニャンとも』も専用のチップとシートが出ていますが、専用はお値段が高めなのがセオリーです。安価な代替品はいくらでもあるので、それが使いやすい構造ならば即決でした。跡えば「薄手のペットシートと新聞紙を重ねて使いたい」という方などは『ニャンとも』の方が扱いやすいようです。もちろん『デオトイレ』の方も他社のシートが使えないことはないので、デザイン的に『デオトイレ』の方が好みであればそちらを選んでも問題ないと思います。

オープン型とドーム型

『デオトイレ』も『ニャンとも』もオープン型とドーム型があります。メリットとしてはチップが飛び散りにくくなること、オシッコの臭いが上がってきにくくなることです。デメリットとしては、オープン型より場所を取ること、中に入るのを怖がる猫がいること、ウンチの処理がしにくいこと、大型種には狭いこと、臭いが中に籠りやすいこと、などになるかと思います。

ニャンとも デオトイレ ドームタイプ 比較

テトとピノはベンガルで大型種なので、大きく育っても大丈夫なようにオープン型にしました。あとは「猫がおトイレをしている様子が遠目からでも観察出来たらいいな」という理由です。ちなみにドーム型を検討される場合、ウンチの掃除のしやすさは『デオトイレ』が圧勝です。(ドームの部分が開閉式になっています)

チップはどれがいい?

公式では専用チップを使うことを推奨していますが、やはりお値段がそれなりにするので代替品を使う方も多いようです。チップは各社から様々な商品が発売されていて、いくつかの素材のタイプがあります。システムトイレのチップで種類が多いのが木製とシリカゲル、などです。それぞれメリット・デメリットがありますが一概のどれが一番良い!というモノではないので、扱いやすさや猫自身の好みによって選ぶのが良いかと思います。

沢山種類があるので迷ってしまいますが、チップを選ぶ際のポイントを絞って優先順位を付ければ比較的早く好みの商品に出会えるのではないかと思います。

  • 脱臭力
  • 扱いやすさ(粒の大きさ、重さ)
  • 処分の方法(トイレに流せるかなど)
  • コスパ(多頭飼育は特に重要!)

以外に重要なのが粒の大きさです。チップの粒が小さすぎると、トイレの網目に挟まってしまい掃除の時に面倒くさいことになります。

システムトイレ チップ 挟まる

まだ色々と試している最中で偏っていますが、我が家で実際に使用したチップを紹介します。宜しければチップ選びの参考にしてください。

木製

燃えるゴミで破棄できたり、製品によってはトイレに流せる扱いやすい種類です。重さも軽めなので扱いやすいです。オシッコを多少なりとも吸水する性質があり、製品によってはボロボロに崩れるものもあります。

ニャンとも専用チップ

ニャンとも チップ 大きさ どれがいい

標準価格:1000~800円/4L
取り扱い店が豊富なので送料無料で手に入りやすいです。公式では猫1頭で4ℓ/2.5ヶ月が目安となっていますが、一回の量をケチって使うと、4ℓで3~4ヶ月分くらいにはなります。

粒の大きさが3種類から選べますが、猫自身に好みがないのであれば、飛び散りにくく拾いやすい「大きめ」が扱いやすかったです。小さめはカケラなどがトイレの目に挟まりやすく、丸洗いの時にちょっとだけ苦労するのと、大きめより飛び散りやすいように感じました。(トイレから出て来る際にどうしても飛び散ってしまうことがあります)

ニャンとも清潔トイレ チップ 大きさ比較 大きめ 小さめ

『ニャンとも』のチップは木製なので燃えるゴミとして捨てられるのも便利でした。トイレには流せませんが、ウンチについた数粒程度なら詰まらずに済んでいます(ウンチの量が多いときは2回に分けて流しています)オシッコに濡れても崩れません。1ヶ月交換不要ではありますが、交換間近になってくると臭いが上がってきているのを感じます。

シリカゲル

他のどの材質のチップよりも脱臭力が高いです。粒の大きさや形も色々なタイプがあるので、猫の好みや扱いやすさで選ぶといいと思います。猫によっては誤飲の危険性があるので初めての商品を使う時は注意が必要です(少しくらい食べても平気です)

デオトイレ 消臭サンド

デオトイレ 消臭サンド シリカゲル 感想

標準価格:\1000前後/4L
取り扱い店が豊富なので送料無料で手に入りやすいです。『デオトイレ』からも専用のチップがいくつか出ていますが、そのうちの一つです。

まん丸コロコロの粒で、軽いので袋ごとの持ち運びには助かりました。オシッコが触れた直後は濃い目のグレーになりますが、乾くと元の白色に戻ります。真っ白なのでウンチが付いたところが目立つため取り除きやすいです。丸いので猫の肉球には優しいのですが、トイレからこぼれると転がってしまうのが残念。

フォーキャット ラクラクサンド

フォークキャット ラクラクサンド 感想

標準価格:\600~1200前後/4L
楽天で送料無料まで他の商品などと買い合わせると安く買うことができます。ベンガルのブリーダーさんでこの商品をおススメしているところがありました。

個人的にシリカゲルではコスパも含めると一番使いやすいと感じたチップです。円柱型で『ニャンとも』のチップと同じような形状です。お値段もまとめ買いを活用すれば、お手頃価格で大変ありがたいです。デメリットは触ると白い粉が付くことです。気になる方はトイレの前にマットなどを敷いてあげると良いと思います。

シリカサンド クラッシュタイプ

シリカサンド クラッシュタイプ 感想

標準価格:\700~900前後/4.6L
楽天で送料無料まで他の商品などと買い合わせると安く買うことができます。

半透明の砂利のようなシリカゲルです。見た目がキレイなのですが、一部の細かい粒がシステムトイレの網目を抜けて吸水シートの上に落ちてしまいます。トイレの網目にも挟まるので丸洗いの時にちょっと面倒くさいです。人が裸足で踏むととても痛いです。木製チップに混ぜて使ってみたところ、脱臭効果が格段にアップしました。

チップまとめ

システムトイレのチップは交換頻度が低いのと、量をケチって使えるので結構長持ちします。多頭飼育の場合はコスパ重視で行くのもありですが、余裕があるのなら普通~やや高めでも扱いやすいチップにするのとストレスがなく快適だと思います。今後も色んなチップを試していくので、また新しいのを買ったら追記していきます。

チップ購入の際はシステムトイレ用と普通のトイレ用があるので、購入の際には間違えないように気を付けてください。(オシッコで固まる砂はシステムトイレで使っても意味がないので注意)

 ペットシートはどれがいい?

ペットシートを選ぶ基準は「どの程度の頻度でシートを取り替えたいか」です。値段が高いほど吸水量が増えて取替頻度が少なくなる傾向にあります。ライフスタイルと衛生観念に合ったシートを選ぶのがベストだと思います。

値段が高いシート

吸水量が多く、交換頻度が少なくて済みます。単独飼育の場合は1週間くらいシートを取り替えなくてOKとなっている商品もあります。楽ではありますが、長時間取り替えないのでシートが汚れることに変わりはありません。1週間もオシッコを吸水させたまま放置するのが心情的に耐えられるかどうか・・・というのがあります。1枚を長く使えるので在庫も少なくて済むのもメリットです。

値段が安いシート

吸水量が少なく、交換頻度が多いです。毎日1回くらいは交換しないと、シートがオシッコでひたひたになってしまいます。安いので、気にせず新しいシートに取り換えられて逆に清潔とも考えられます。1日1枚取り替えるので、ある程度の量の在庫をストックしておく必要があります。

色々試してみた結果

猫用システムトイレ ペットシーツ どれがいい

我が家は多頭飼育ということもあり、基本手にはこちらの安いシートを毎日取り換えることにしました。(160枚入りで約900円)仕事が忙しい時期などは、ちょっとランクを上げて3日くらい持つシートと使い分けています。

高いシートの使用感

『ニャンとも』の専用シートがトイレを購入したときに付いてきたので、試しに使ってみました。残念ながら1週間まったく臭いがしないということはありませんでした。オシッコの量にもよりますが、テトのみ飼育していた頃でも4~5日くらいすると、もわっとオシッコの臭いが上がってくるようになります。トイレが臭ってくるとテトが鳴いてクレームを言ってくるので1週間ずっと使い続けられることはなかったです。ですが、値段が高めなだけあって他の安いシートよりは脱臭能力は高いです。

そこそこ安いシートの使用感

30枚で600円のこちらのシートも利用したことがあります。格安シートと比べると吸水量は多く、交換も3日に1度くらいでOKでした。30枚入りなので収納が少ない方や、ある程度シーツの交換回数を減らしたい方はこの辺りもおススメです。臭いに関してはまったく臭わないということはありませんが、3日で取り替える分にはそこまで気になりませんでした。個人的にもまた使いたいシートです。

安いシートの使用感

薄くて不安になりますが、1日分のオシッコはしっかり吸収してくれます。ただ取り替え忘れるとトレーの中でオシッコがヒタヒタびちょびちょになってしまうので注意が必要です。シートを交換する度にトレーの簡易清掃ができるので、逆に清潔に保てるんじゃないかというのと、安いので気兼ねなくバンバン使えます。シートがオシッコで潤ってくると、交換の際などに臭いが上がってくる感じがしました。ペットシーツ 安い 薄い

シートのコスパはどれくらい?

  • 7日取替シート…1000円/8枚(2ヶ月分)
  • 3日取替シート…600円/30枚(3ヶ月)
  • 1日取替シート…900円/160枚(5ヶ月分)

これを1ヶ月辺りのコスパに換算する以下のような感じです。

  • 7日取替シート…\500(年間 \6000)
  • 3日取替シート…\200(年間 \2400)
  • 1日取替シート…\180(年間 \2160)

安価なペットシートはどれも同じようなものなので、都合の良いショップで購入するのがベストだと思います。楽天でもAmazonでも同じようなシートがパッケージや段ボールで売っています。収納スペースに余裕がある方は400枚、600枚、800枚…と大量購入も可能です。システムトイレで使用する場合はレギュラーサイズを選んでください。

トイレの数と設置場所

猫のトイレは飼育頭数+1が理想だそうです。我が家はテトとピノがいるので、『ニャンとも』の大人用システムトイレが2つと、子猫用のシステムトイレが1つあります。リビングダイニングではキッチン横に大人用トイレと仔猫用トイレを設置。寝室に大人用トイレを設置しています。

猫のトイレ 多頭飼育 設置場所 数
2匹それぞれ別のトイレを使うのかと思ったら、そんなことはなく。二人で3つのトイレを共有しているみたいです。ピノはウンチもオシッコも白いトイレを使います。テトはウンチは白いトイレ、オシッコは仔猫用トイレを使っているようです(図体がでかいのに何故だか小さいトイレを愛用している)寝室の茶色いトイレはサブ的な扱いで使用頻度は低めですが、2頭とも共有でオシッコをしています。

猫の中にも序列があって、弱い猫はトイレが十分な数がないと我慢してしまうらしく、そのために頭数+1個が理想的です。ただ、猫同士の関係性を見て不要そうであれば2つでも大丈夫なようです。我が家は時間差はあれど子猫のうちに同じブリーダーさんから譲って頂いて兄妹のようになっているので、不要であれば仔猫用トイレは撤去予定です。

トイレのおススメ消臭グッズ

システムトイレを使っていても、やはり臭いはどこまでも気になります。そこでおススメなのがペット専用の消臭スプレーです。安全性が高く作られていて、口に入っても大丈夫なものが多く、余計な香り付けもないので安心して使うことが出来ます。

ペット用消臭スプレー ぺっとくりん おススメ

ペット用消臭スプレーは色々なメーカーから出ていますが我が家ではこちらの『ぺっとくりん』を愛用しています。ハムスターを飼育しているので、小動物用をそのまま猫トイレでも使っていますが、それなりの効果は感じています。使用方法は臭いが気になる箇所にスプレーするだけです。ウンチをした後のトイレチップにスプレーしたり、トイレを丸洗いする時に臭いが気になる箇所に使ったりしています。

お値段は2Lで1900円くらいです。500mlのスプレータイプもありますが、我が家では2ℓボトルを買って、100均一のスプレーボトルに入れて使っています。本当は3ヶ月くらいで使い切らないといけないのですが、我が家は半年経ってもまだ残っています。色々なサイズがあるので、お試しから始めてみるといいかと思います。

 猫トイレ 1ヶ月の費用

猫のトイレ 費用

猫のトイレに掛かる費用は、基本的にチップ代+シート代になります。どちらもどのランクを選ぶかによって価格は変わってきますが、現状での我が家は以下の通りです。

チップ→\700(ニャンともチップ)
シート→\540(安いのを毎日交換)
1ヶ月の合計…\1240
(2匹分、トイレ3つでの計算です。)

ただし、トイレが3つもあると毎回全てのトイレを交換するわけではないので、実際はこの金額よりもう少し安くなってくると思います。チップに関しては今後も色々試してみて、コスパの良いものを見つけられたらと思っています。

にほんブログ村 猫ブログへ