保護猫活動

野良上がりは食べることに貪欲?

少しづつ先住猫であるテトとピノとの距離が縮まってきているサビ猫です。もう同居するにはほぼ問題ないくらいには慣れています。

そんなサビ猫ですが、野良時代の経験からなのか食にはもの凄く貪欲です。食べるのが大好きなテトとはレベルが違うくらい、食べ物への執着が強いです。

捨てられてからの野良生活だったので、ご飯を安定して食べられる環境があったとは考えにくいです。もしかしたら、いつ次のご飯にありつけるか分からない腹ペコの経験から必死なのかもしれません。

この記事は「見知らぬ猫がやってきた話11」の続きです。

保護猫は猫よりも人が好き前回、ブリーダーさんに教わった「保護猫と先住猫の仲良し大作戦」のその後の経過を報告しいきます。 お互いのニオイを混じらせることで、取り...

サビ猫は食べることが大好き!

食欲旺盛な保護猫
すんごい暑い日々ですね。24時間冷房を付けていますが、フローリングの上でぺったり転がっている姿をよく見るようになりました。

食欲旺盛な保護猫
そんなサビ猫ですが、今日は悪い子でした。

食欲旺盛な保護猫
理由はこちら、ちゅ~るです。

食欲旺盛な保護猫
ぺろり。

実は猫用品をしまってある棚を整理しているときに、サビが突撃してきてあっという間にちゅ~るを盗み出しました。ものすごい勢いとスピードでした。

食欲旺盛な保護猫
取り上げられたちゅ~るに飛びついて、

食欲旺盛な保護猫

噛みついて、

食欲旺盛な保護猫
凄い唸り声をあげながら、強奪しようとしています。

食欲旺盛な保護猫
そして顔がちゅ~るまみれになりました。

食欲旺盛な保護猫
ちゅ~るから視線をそらさない。

食欲旺盛な保護猫
そらさない。

食欲旺盛な保護猫
絶対にそらさない。

食欲旺盛な保護猫
手のひらに乗せてあげると、「早く!早く!」という感じで、あっという間に食べちゃいます。本当に食への執着が強いです。

ピノとサビ猫の距離感

食欲旺盛な保護猫
ピノとの距離感も、日を追うごとに少しづつ近くなってきているようです。

食欲旺盛な保護猫
あんなに威嚇し続けていたサビ猫に、自分から顔を寄せて興味を示すピノ。飼い主たちが知らぬ間に、触れあうくらい近づけるようになっていました。

自分の居場所も決まってきた

テトとピノが暮らしている環境に後から入ってきたサビ猫。最初は冷蔵庫の上に置いてあるキャリーの中から、かなり距離を取って過ごしていました。

最近ではリビングに置いてあるキャットタワーのてっぺんがお気に入り。タワーは150cm弱の小さめのタワーなので、飼い主の手が届くくらいの高さです。

食欲旺盛な保護猫
元々はテトがよく過ごしていた場所ですが、今はサビ猫が過ごしている姿をよく見かけるようになりました。

食欲旺盛な保護猫
居場所ができて良かったね!(そんなつもりはないのだろうけど、場所を譲ってくれたテトにも感謝)

この記事の続きは「見知らぬ猫がやってきた13」へ。

甘えん坊で添い寝が大好きすっかり我が家での生活にも馴染んで、自由気ままに暮らしているサビ猫。 先住猫であるテトとピノともすっかり打ち解けてきました。一緒になっ...