保護猫活動

コワがりしま子は、まだまだ警戒中?

必要な医療処置が終わったとら子としま子。

人との暮らしにも馴れてきている2匹は、家族として迎えてくれるお家を待ちながら過ごします。

預かりボラとして、2匹ができる限りスムーズに新しいお家での暮らしが始められるよう、人との信頼関係も構築していきます。

この記事は「ごはんを食べないコワがりとら子14」の続きです。

とら子としま子と仔猫達と病院に行ってきました!しま子が我が家にやってきてから2週間。 2週間と言えば、1度目の駆虫でやっつけられなかったお腹の虫の卵が孵って、そろそろ次の卵を産む準備...

先住猫たちが教えてくれる暮らし方

保護猫の預かりボランティア活動記録
新入りを受け入れるのに少し時間が必要なピノ。

いつの間にか、しま子とも距離が近くなっていました!

保護猫の預かりボランティア活動記録
窓際は落ち着けるらしく人気スポットです。

保護猫の預かりボランティア活動記録
まだ警戒心の抜けきらないしま子は、人と視線が合うと緊張して逃げる準備をします。

保護猫の預かりボランティア活動記録
テトには色々なことを教わっているようで、家での寛ぎ場所や過ごし方などを真似しています。

猫は居心地のいい場所を探す天才

保護猫の預かりボランティア活動記録
とら子は元々、人に馴れやすい性格だったので、人が近づいても逃げません。

保護猫の預かりボランティア活動記録
しま子はまだ人がコワいので、どうやら人の手の届かない場所を探しているらしい。

保護猫の預かりボランティア活動記録
カーテンレールの上に乗ってみたけど、思ったよりもコワかったっぽい。

保護猫の預かりボランティア活動記録
ちょっとずつ、ちょっとずつ、ゆっくり後戻りしてた。

保護猫の預かりボランティア活動記録
2匹にとって一番お気に入りだったのが寝室のカーテン裏。

保護猫の預かりボランティア活動記録
ベッドがちょうどいい高さなので、カーテンに隠れながらリラックスできます。

保護猫の預かりボランティア活動記録
昼間はずっと日差しが当たるのでポカポカです。

幸せそうな顔を見るのが嬉しい

保護猫の預かりボランティア活動記録
ふと、下を見ると誰かの足が見えてる。

保護猫の預かりボランティア活動記録
しま子でした!すごい迷惑そうな顔をしている。

保護猫の預かりボランティア活動記録
ある日の朝方。

保護猫の預かりボランティア活動記録
テトと一緒にカゴに入ってまったり。

保護猫の預かりボランティア活動記録
でも、人に見られ続けていると居心地が悪そう

保護猫の預かりボランティア活動記録
キャットタワーの上に置いてあるベッドも好き。

保護猫の預かりボランティア活動記録
とら子があくび。

保護猫の預かりボランティア活動記録
猫同士でもあくびは移るらしい。

保護猫の預かりボランティア活動記録
猫達同士、上手くやってくれているようでよかった。