病気や治療

【猫の耳ダニ・簡単な予防と治療方法】ダメ獣医師の治療を受けて失敗した話

ある日、テトの耳垢の状態がいつもと違うことに気付きました。元々、耳垢が多いタイプだったのですが、その日は特におかしくてテトも耳を痒がっている様子でした。すぐに近くの動物病院で検査を受けると『耳ダニ』と診断されました。

そんなに珍しくない疾患である『耳ダニ』ですが治療方法はとても簡単です。今回は耳ダニの特徴と簡単な治療・予防方法、そしてテトが実際に体験したダメ獣医師の治療についての体験記録をまとめました。

猫の耳ダニの原因はミミヒゼンダニ

汚れている猫の耳
梨の木どうぶつ病院(https://www.nashinoki-vet.com/)から引用

猫のや犬などの動物の耳の中に寄生するダニ『ミミヒゼンダニ』のことで、大きさは0.3~04㎜ととても小さいです。皮膚の表面に住み着き、耳垢や分泌物を餌としてます。皮膚の表面をかじったりするので強い痒みが発生します。

感染経路は、感染している他の猫や犬との接触・耳ダニがついているブラシや毛布の使用・飼い主が外から持ってくる…などです。そのため完全室内飼育している猫でも耳ダニに感染してしまう可能性があります。

耳ダニの症状

普段から耳垢の多いタイプのテトでしたが、耳ダニに感染すると明らかに様子が異なりました。

  • 耳垢がいつもより多くて、黒い
  • 耳を痒がって掻く(テトの場合は片耳だけ)
  • 耳を嗅ぐと生臭い臭いがする

猫の耳は正常時はほぼ無臭のため、何かしら臭いが出ている場合は異常のサインです。 直ぐにブリーダーさんに症状を伝えて、指示通り病院で原因をハッキリさせることになりました。

汚れている猫の耳
仔猫の頃は特に耳垢が多く、1週間くらい掃除しないと画像のような状態。耳ダニに感染した時は、この耳垢が黒っぽくなり、耳垢の量も更に増えて変な臭いがしていました。

ダメな獣医さんに当たってしまった話

まだ掛かりつけ医が決まっておらず、家から徒歩5分にある動物病院に連れて行いきました。かなり古くからやっている獣医さんだったようで、先生もご高齢のようでした。

暴れるテトを看護師さんがバスタオルでくるみ、先生が耳に綿棒を突っ込み耳垢を取ります。それをプレパラートに乗せて顕微鏡へ。そうすると、ダニがうじゃうじゃ動いてる姿を見ることが出来ました。

猫にも飼い主にも負担がかかる治療方法

ダメな獣医の耳ダニ治療
ここの獣医さんでの治療は、べっとりとした油のような透明のお薬を耳の中に塗布されました。お薬の内容を確認したところ病院のオリジナル精製薬だそうです。耳ダニは卵には薬が効きにくく、卵が孵化する1週間後くらいにまた薬を塗りに来るようにと言われました。

完全に耳ダニがいなくなるまで1ヶ月程は通院するそうです。ちなみに料金は初診料も含めて2,000円程でした。週1で1ヶ月通院となるとトータルで5,000~6,500円くらいは掛かることになります。

治療内容をブリーダーさんに報告

帰宅後すぐに治療内容をブリーダーさんに報告したところ「その獣医さんは辞めた方が良いですよ」とアドバイスを貰いました。理由としては治療内容が最善の方法ではなく猫にも飼い主にも負担のかかる治療方法だったためです。

その後、テトの耳ダニに関してはブリーダーさんから『レボリューション』を無料で送ってもらい完治するいことができました。(事前に病院で診断が出ていたこと、テトの体重や体調をお伝えしています)当時はまだピノがいなかったのでテトのみの治療でした。

ベンガル猫のブリーダーの体験レポート!関東・九州で評判のリアルキャットを紹介人気の猫種であるベンガル猫のブリーダーは数多く、どこからお迎えするのか悩みどころです。そもそもホームページを見ただけでは、素人には何を基...

通院するデメリット

猫の通院のデメリット
通院すると時間もお金も掛かります。何より猫へのストレスが最大のリスクです。環境の変化が嫌いな猫にとって、通院はとても大きなストレスになります。特に1歳になるまではFIP(猫伝染性腹膜炎/発症すると死んでしまう病気)の発症率が高く、その原因はストレスだと言われています。負担が最低限の治療ではなく、患畜や飼い主に負担とお金のかかる治療を行うのは『良い獣医師』とは言えないです。

一般的な猫の耳ダニ治療

耳ダニの一般的な治療は、『レボリューション』による投薬です。自宅でも投薬できる簡単なお薬のため、ノミ・ダニ予防のために毎月定期的に投薬している飼い主さんもいるようです。
猫の耳ダニの簡単な予防と治療
獣医さんから処方してもらった『レボリューション』と『マイフリーガード』

レボリューションプラス

猫の耳ダニ治療にはレボリューション
『レボリューション』は耳ダニだけでなく、ノミ・猫回虫(寄生虫)・フィラリア予防に効果があるお薬です。『レボリューションプラス』はマダニと鈎虫にも効果があります。持続期間は1ヶ月程で、価格は1本1,300円前後ですが、獣医師によって変動します。

レボリューションは『動物用医薬品 要指示』商品のため獣医師からの指示の元、適切に処方してもらう薬です。ペット医薬品サイトなどで個人輸入も可能ですが、中国などの海外経由品はリスクもあります。テトとピノの獣医さんに聞いてみたところ「内容物が本物かどうかは調べようがないので、100%大丈夫です!とは言えないです」と教えてくれました。

安価な市販薬の使用はオススメしません

ホームセンターなどで売っている安価なノミダニ対策商品は殆ど効果がなかったり、猫の健康に影響が出た話もあるのでオススメしません。ノミダニの市販薬は避けるように注意喚起している獣医師もいます。

2018年10月に市販のノミダニ駆除薬を使って健康被害が出たと飼い主さんが訴えて話題になった内容が『虫ケア用品で「猫に異変」ツイートが拡散』でまとめられていますので興味のある方は参考程度に是非。

投薬の仕方

レボリューションやフロントラインの投薬方法
耳ダニが発生している場合は、投薬の前に耳の中を軽く掃除してあげます。どちらの薬も猫の首裏部分の毛をかき分けて、容器が空っぽになるまで皮膚に直接投薬します。

『レボリューションプラス』を実際使用してみたレポートは『猫の命を守る!夏のフェラリアとノミ・ダニ予防』で写真付きで詳しくまとめています。

『レボリューションプラス』で夏のフィラリアとノミ・ダニ予防をしました!これから暑くなってくると活発になってくるノミやダニ…そしてフィラリア予防のために、テトとピノに『レボリューション』を投薬開始しました。意...

多頭飼育の場合は一斉治療

耳ダニは猫の耳の中でのみ生きることが出来ます。多頭飼育の場合は他の猫にも感染している可能性が高いので、治療をする場合は飼っている猫全頭に対して一斉に行います。

猫の耳ダニ治療の費用と治療期間

耳ダニの治療はレボリューションの投薬でOK!大切な家族を守るためには、飼い主にも最低限の知識は必要であると学びました。 こういう時にすぐに相談できるプロが居てくれるのは本当にありがたいです。良いブリーダーさんと巡り会えたと実感しました。
猫の耳ダニ治療の費用と期間

耳ダニの治療費用

  • 診察代:700円
  • お薬代:1,300円
  • 合計: 1,900円+税

体重が2.5kg未満のピノの場合はお薬代が1,200円でした。初診の場合は診察代が初診料(1,500円)になります。診察代・初診料は病院によって変わります。

耳ダニの治療期間

レボリューションを投薬したら治療自体はお終いです。投薬後、ほんの数日で黒い耳垢もでなくなり通常の状態に戻りました。最初の獣医さんだと1ヶ月も通院しなければならないところでした。

【猫の指間炎】肉球の間に炎症が!治療方法と完治するまでの経過記録ある日、ピノがやたらと前足をちゅぱちゅぱぐじくじ舐めていました。普通の毛づくろいとは違って、あまりにしつこく舐めているので見てみると… ...