保護猫活動

飼育放棄されていた猫の、飼育放棄されない生活

前回は病院で糖尿病の治療についてや、採血と注射器の扱い方について教わってきました。

ここまで「保護」→「一晩違う預り宅でお泊り」→「病院」→「我が家」→「入院」…と短い期間であちこち移動することになったノルですが、ようやく落ち着くことができました。

この記事は「虐待されていた猫がやってきた話4」の続きです。

ノルの糖尿病の治療がはじまりました!過酷な状況から保護されて我が家にやってきたノル。初期医療で見つかった糖尿病の治療がいよいよスタートします。 この記事は「虐待されて...

オジサンだけど遊ぶの大好き!

飼育放棄されていた猫の新しい生活
色が明るい猫は、暗がりでも写真がカンタンにキレイに撮れて感動!そんな写真映り抜群のノルの様子です!

飼育放棄されていた猫の新しい生活
ノルは人間では初老ですが元気いっぱい!遊ぶのが大好きなワンパクです。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
おもちゃを出すと喜んで食いついてきます。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
どんなおもちゃにも食いついてくれます!毛虫にも夢中!

飼育放棄されていた猫の新しい生活
世界には楽しいものがいっぱいあるんだよ!

飼育放棄されていた猫の新しい生活
マタタビ入りのけりぐるみにも大興奮していました。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
思う存分けりけりして遊んだら、マタタビの匂いにうっとり…

人と一緒に寝てもいいらしい

保護猫ボランティアは楽しい
我が家にきてから、なんとな~く人と距離を取るように過ごしていたノル。甘えん坊の性格なのですが、人とどう接していいのか探っているようでした。

保護猫ボランティアは楽しい
くつろぐ姿は目にしますが、何故かカーペットなどの柔らかい場所を避けたり。人ともくっついて寝ようとはしていませんでした。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
そんなノルでしたが、退院してから数日ほどで変化が……。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
初めて人の傍で眠る姿を確認しました!(しかも最初からへそ天!)

まだまだギコチナイ感じで人の顔色をうかがっている状態ではありますが、「ここでは気兼ねなく甘えてもいいらしい」というのを認識してきてくれているようです。

ノルの猫づきあい

そんなノルですが、猫に対してはオス猫らしく空気を読まない図太さを発揮しました。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
「素敵な場所ですね。ちょっとお邪魔しますよ」

飼育放棄されていた猫の新しい生活
「よっこらせ」

飼育放棄されていた猫の新しい生活
お互い細かいことは気にしない性格のテトとノル。2匹はすぐにお互いを受け入れました。仲良く並んで寝る姿にほっこり…。

ちなみにピノはメス猫特有の警戒心の強さがあるので、受け入れるにはまだ時間が必要そうでした。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
フローリングで転がっていたノルですが、テトが猫ベッドを使っているのを真似したら居心地が良いことに気づいたみたいです。お気に入りの場所になりました。

支援物資と寄付のお願い

飼育放棄されていた猫の新しい生活
我が家では「大人しくて良い子!」ということで、手作り首輪のモデルとして就職が決まったノルくん。

飼育放棄されていた猫の新しい生活
ノルのご飯や消耗品、医療費についてご支援を大大大募集中です。

なんでも今年はコロナの影響もあり、ボランティア団体さんの財政状況もなかなかに厳しいらしく……。我が家からもノルに関する生肉代やほとんどの消耗品代などを負担しています。

よかったらノルのために力を貸していただけるとありがたいです!

ご支援について、詳しくは「西東京市 地域猫の会さんのHP」をご確認くださいませ。振り込み、郵送、譲渡会へ持参するなど、いくつか方法があるみたいです。

よろしくお願いします!