レビュー

『レボリューションプラス』で夏のフィラリアとノミ・ダニ予防をしました!

これから暑くなってくると活発になってくるノミやダニ…そしてフィラリア予防のために、テトとピノに『レボリューション』を投薬開始しました。意外と知らないフィラリアのおそろしさや『レボリューション』について、使い方やお値段、入手方法などをまとめました。

『レボリューション』を夏に使う理由

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
『レボリューション』は一般的にノミ・ダニの駆除や予防薬として、犬や猫を飼っている飼い主さんに知られている薬です。ノミ・ダニのお薬なら『レボリューション』以外にも『フロントラインプラス』や『マイフリーガード』など、安価で手に入りやすいお薬が出ています。

そんな中、今回夏を目前にして『レボリューション』を選んだ大きな理由は、フィラリア予防が出来るからです。

フィラリア症はこわい病気

フィラリアという寄生虫が蚊を経由して、猫の肺動脈や心臓に寄生する病気です。フィラリアを持っている蚊が猫の血液を吸ったときに、フィラリアの幼虫が体内に入り込むことで感染します。皮下組織で成長したフィラリアは血管に入り、肺や心臓に住み着きます。

猫の心臓に寄生したフィラリアの画像を引用しようと思ったのですが、グロ要素が高かったため控えました。興味がある方は調べてみて下さい。こんな大きい寄生虫が小さな猫の細い血管の中を泳ぎ回るなんて、猫にとってどれほど苦しいことか実感しやすいです。

幼虫のうちは薬で殺すことが出来ますが、成長してしまうと薬は効きません。一度、フィラリアに感染してしまった猫には、薬を投与し続けて幼虫の数を減らしたり、心臓から成虫を取り除くなどで対処します。しかし、どちらも猫にとって負担の大きな治療となり、当然お金もかかってきます。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
フィラリアは10頭に1頭が感染されているという報告もあり、そのうちの4割が室内飼育という調査結果も出ています。フィラリアは猫を飼っている全ての飼い主にとって、決して他人事ではない病気なのです。

フィラリアは何よりも予防が重要!

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
フィラリアは診断が難しく見過ごされやすい病気です。命にも関わるため感染すると非常にやっかいなのですが『レボリューション』などによって感染を予防することが可能です。蚊が活動を始める春過ぎから冬の初め頃まで、月に1度投与するだけで、おそろしいフィラリアを予防することができます。

実際に『レボリューション』を投薬してみた!

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
今回、獣医さんから処方してもらったのはマダニ駆除の効果が加わった『レボリューションプラス』です。テトは2.5~5kg以上用、ピノは2.5kg以下用です。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
パッケージの中には小さな薬のピペットが入っています。間違えないようにキャップが色分けされています。これが1回(1ヶ月)分です。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
キャップをぐっと押し込むと、カチッとはまってピペットの先端に穴が開きます。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
キャップを外して準備完了です。ツンとした消毒液のようなニオイがします。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
猫が逃げないようにしっかり固定します。薬を投薬する位置は首の後ろ辺りです。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
毛を避けて皮膚に薬を投薬していきます。ピペットの先端を押し付けて、ぎゅっと潰すと中の薬が出てきます。2~3回押しつぶしてピペットの中が空っぽになるまで出し切ります。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
投薬後は毛がカピカピしますが数時間から半日ぐらいで元に戻ります。シャンプーは2時間後から可能です。

『レボリューション』を使う時の注意点

低い確率ながら副作用のある要指示医薬品です。体調不良、術後、療養中、妊娠中の猫は投薬前に必ず獣医師に相談してください。猫が暴れてしまう場合は2人がかりで投薬したり、ちゅ~るなどのおやつで気をそらしたり、眠そうなときを狙うと投薬がしやすくなります。

『レボリューション』の購入方法と価格

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
『レボリューション』と『レボリューションプラス』は要指示医薬品です。つまり、獣医さんに診察を受けて処方してもらう必要があるお薬になります。一度、診察を受けた子で特に体調に問題がなければ、まとめて数ヶ月分を購入することも可能です。

『レボリューションプラス』は、ノミ・ダニ・耳ダニ(耳カイセン)・フィラリア・回虫や鈎虫(お腹の中につく寄生虫)に幅広い効果があります。

『レボリューションプラス』は『レボリューション』では駆除できなかったマダニと鈎虫にも効くようになったにゃ!

値段は獣医師や動物病院によって異なります。テトとピノの獣医さんのところでは、2.5kg~5kg猫用は1本1300円、2.5kg以下の猫用は1本1200円でした。5kg以上の猫用もあります。

『レボリューション』を投薬する時期

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
レボリューションは1ヶ月に1度の投薬が基本となります。我が家では5月~11月末頃の間は『レボリューション』、それ以外の寒い時期では『マイフリーガード』や『フロントライン』を使用しています。蚊が出始める時期に合わせて投薬を開始し、蚊がいなくなってから万が一体内に幼虫が入っていても大丈夫なように11月末頃まで投薬を続けます。

フロントラインプラス

猫の耳ダニ治療にはフロントラインプラス
Peterrace(http://peterrace.jp/)より引用

『フロントラインプラス』はノミ・マダニ・ハジラミに効果があるお薬です。投薬すると1ヶ月ほど効果を発揮します。価格は1本700円前後ですが獣医師によって変動します。こちらも動物病院で処方されるお薬です。大手ショッピングサイトなどでの取り扱いもあるので比較的手に入れやすいですが、フロントライン公式HPにもあるように獣医師の診断の上、ご検討ください。

マイフリーガード

猫の耳ダニ治療にはレボリューション
『マイフリーガード』はジェネリックのお薬です。そのため、比較的安価な値段で手に入れることが可能です。ノミ・マダニに効果があります。同じ種類で出ている『マイフリーガードα』はノミ・マダニに加えてノミの卵や成虫、ハジラミにも効果があります。どちらも効果は約1ヶ月程です。価格は1本500円前後ですが、獣医師によって異なります。

獣医さんに聞いたところ、『フロントライン』との効果的な違いはないため、どちらを選んでも大丈夫だそうです。こちらも大手ショッピングサイトなどで取り扱いがあります。

ネットで売られている『レボリューション』は本物なのか

ペット用の医薬品サイトや、医薬品の個人輸入サイトなどでも『レボリューション』や海外版が扱われています。そのため個人でも購入すること自体は可能なのですが、実際お薬の中身が本物かどうかは調べようがありません。

私も「安く手に入るならありがたい」と思い、獣医さんにも聞いてみたのですが、パッケージは本物で中身だけを入れ替える……ということも起こっているようなので、「100%大丈夫!」とは言い切れないそうです。

猫のフィラリアとノミ・ダニ予防にレボリューションを使ってみた
確かに安い価格で手に入れることは出来るのですが、中身が本物かどうかは調べようがなく、完全に飼い主さんの自己責任となってしまいます。そういったリスクがあることを理解した上で、どこで手に入れるか考えた方が良さそうです。