おススメ情報

【簡単・お手軽な猫の生肉レシピ】食事量や保存方法についても詳しく解説

テトとピノの主食『生肉』という記事を書いたところ、猫の生肉食に興味を持っている飼い主さんがとても多かったです。なので、今回はテトとピノが毎日食べている『生肉ご飯』について、作り方や保管方法などをまとめました。これから生肉食を検討されている方も日々の食事管理のイメージの参考にして頂ければ幸いです。

今回のレシピの分量はとある時期に与えていた内容の一例になります。猫の成長具合や体形、体調によって分量は調整していますので、ご参考までによろしくお願いします。

テトとピノの生肉について

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
我が家ではブリーダーさんから定期的に購入している生肉ミンチと、スーパーの鶏むね肉を自宅でミンチにしたものを、カリカリと混ぜて一緒に与えています。栄養満点の生肉ミンチにスーパーの鶏むね肉を入れることで節約し、完全栄養食であるカリカリに補助してもらう感じです。

1ヶ月の食費は1頭辺り4500~5000円くらいです。 生肉を与えることについての効果やメリット、キャットフードのみを与えることについてのデメリットなどは『猫に生肉は大丈夫?生肉主食の猫達の実態と効果』でまとめてあります。

猫に生肉を与える効果やメリット!生肉主食の猫達の実態を紹介します我が家ではテトとピノには生肉(鶏)を中心に与えています。私も最初は「生の鶏肉なんて大丈夫!?」と思ってしまったのですが、4000匹以上の...

今回のレシピは、節約を考えた我が家の特製レシピです。スーパーのお肉を与えることについても賛否両論ありますが、我が家ではブリーダーさんと獣医さんに相談した上で行っております。飼い主さんの考え方や猫の体質・体調・好みによっても何がベストかは変わってくると思いますので、お肉の与え方や保存方法などの参考程度に見て頂ければと思います。

また、お財布に余裕のある方や、スーパーのお肉をあげるのが心配な方は記事内で紹介している「ブリーダーさんの生肉ミンチ」にカリカリを混ぜるので十分です。ブリーダーさんの生肉のみを与える場合の食費の目安は1頭につき月7000円~くらいです。

生肉の量とカロリー

生肉を与えるときのカロリー計算方法

猫に生肉を与えるときの食事量
基本的には『生肉の半分の量がカリカリと同等のカロリー』となります。つまり、お肉50g分とカリカリ100g分では同じくらいのカロリーとなるそうです。カリカリの倍を与えると考えると、お肉の量が多くなりそうなイメージですが、同じ分量を並べてみると密度が高いお肉の方が少なく感じます(画像はお肉50g、カリカリ50gです)あとは猫の年齢や体形によって、実際に与える量を調整します。

今回のレシピでは【ブリーダー生肉+鶏むね肉+カリカリ】を与える前提での分量でご紹介します。配分については、我が家でも成長具合によって度々変更しているので、参考程度でお願いします。ブリーダーさんから届くお肉が1パック250gなので、それを基準に鶏むね肉の量を計算します。分量については「だいたい合ってればOK!」という軽い気持ちで大丈夫です。

テトとピノの食事の量

猫に生肉を与えるときの食事の量
現在は、テト70g・ピノ60gを1日2回、与えています。

分量の内訳は…テトがお肉60g+カリカリ20gで、ピノがお肉50g+カリカリ10gくらいです。お肉とカリカリの割合については成長具合、体系、食欲、体調などによって調整しています。

猫に生肉を与えるときの食事量
我が家に来て初めてご飯を食べたときのピノ(先に肉だけ食べる)

材料と用意するもの

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
  • ブリーダー生肉ミンチ…1パック(約250g)
  • スーパーの鶏胸肉…1枚(約250g)
  • 包丁とチョッパー(あればでOK)
  • まな板
  • 木べら(肉を混ぜるもの)
  • 保存用タッパ
  • ボウルか大きめの鍋

ブリーダーさんの生肉ミンチ

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
テトとピノの生まれ故郷であるリアルキャットさんからお肉を定期的に購入しています。ミンチの内容は鶏むね肉、ササミ、ハツ(心臓)、砂肝、手羽先の先っぽ(骨)です。 (2019年7月より250gパック×12個で7000円になりました)


ブリーダーさんのHPではお肉のみの販売も行っています。LINEやショートメールで簡単に注文可能です。最初はサンプルを無料で貰えるので、興味のある方は是非試してみて下さい!

スーパーの鶏胸肉

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
スーパーで売られている鶏むね肉です。念のため国産を選んでいます。すぐに使わない分は袋のまま冷凍しています。

生肉レシピの作り方

①冷凍されているお肉類を解凍する

ブリーダーさんのお肉は冷凍状態で届くので使う分だけ冷蔵庫で解凍しておきます。スーパーの鶏肉も冷凍保存していた場合は一緒に解凍してください。解凍方法についての詳細は後述します。

②鶏胸肉をミンチにする

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
まずは鶏肉の皮や目立つ脂肪を取り除き、包丁やチョッパーを使って鶏胸肉をミンチにします。完全に解凍できていなくても、ちょっとシャリシャリするくらいなら大丈夫です。ドリップも使うので捨てずにボウルに取っておいてください。

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
チョッパーを使うとミンチ作業が10分の1以上に短縮できます。包丁だとお肉をミンチにする作業が一番時間を使って大変なので、毎日猫にお肉を食べさせるのなら必須アイテムです。

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
鶏肉は一度にたくさんミンチにして、再び冷凍保存をしておくと便利です。我が家ではブリーダーさんの生肉ミンチが入っていたタッパを活用しています。生肉と鶏むね肉を同じ割合で与える場合は1パック250gづつくらいになるように詰めておくと、後でブリーダー生肉ミンチ1パック分と一緒に解凍して混ぜるだけで良くなるのでとても便利です。

③2種類のミンチ肉をよく混ぜる

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
①のブリーダー生肉ミンチと②の鶏むね肉ミンチを混ぜます。この時、②で取っておいたドリップも混ぜてください。水分が少ないと混ぜにくく、食べにくいお肉になってしまいます。混ぜる作業は大き目のボウルや鍋を使うとやり易いです。お肉が溶け切っていない場合は、手で崩しながらよく混ぜてください。

④完成したミンチ肉を保存用タッパに入れる

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
完成した生肉はタッパに入れて保存します。冷蔵だと3日程で腐るので、その期間で与えきれるだけの量で分けておくと、使う時にとても便利です。すぐに食べさせるタッパ以外は冷凍保存します。

⑤カリカリと混ぜて食べさせる

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
ご飯の直前に今回作った生肉とカリカリを混ぜ合わせます。混ぜにくい場合はスプーン1杯くらいお水を入れます。水分不足対策にもオススメ。食べてもあまり太らない子など、消化が苦手な猫にはカリカリを少なめにしてあげると良いそうです。

『ピュリナワン』の評判と実態について徹底的に調べてみた!今回は我が家でテトとピノに与えている『ピュリナワン』について調べた情報をまとめました。販売店も多く、リーズナブルな価格から愛用している飼...

オススメのチョッパー

鶏むね肉をミンチにする際に、我が家で愛用しているチョッパーを紹介します。「鶏むね肉を程よくミンチにできる」必要があったため、半年くらいかけて吟味しました。うっかり野菜専用や価格の安すぎるチョッパーを買ってしまうとお肉がちゃんとミンチにできないことがあるので注意!

レコルト カプセルカッターキャトル

猫の生肉レシピにオススメのミキサー
標準価格:6,000円+税
高さ:23.3cm/横幅:11.6cm
重量:1.04kg

丸っこくて可愛くシンプルなデザインが特徴です。小さめなのでキッチンに置いておいても場所を取らず、見栄えも良いです。色はパールホワイト、パールピンク、パールイエローの3色に加えて、限定カラーでレッドとオレンジがあります。

繊維が多い鶏肉も、わずか1秒で程よいミンチにしてくれます。その他、野菜や果物など様々な食材にも対応しています(詳細は公式HPをご確認ください)ペット用の食事で生肉をミンチにしたい場合は、取り合えずこれを買っておけば大丈夫です。

生肉の保存と解凍方法

すぐに食べさせない生肉のストックは冷凍庫で保存して、必要な時に解凍して使います。特に解凍方法を失敗すると折角の生肉が台無になるので注意!

生肉は冷凍保存

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
480mlサイズのジップロックで、これ1つでだいたい2~3日分くらいです。ブリーダーさんからお肉が届いた直前などはそれなりにスペースを取るので、小さな冷蔵庫は収納しきれません。(我が家は430Lの冷蔵庫を使っています)

お肉の解凍方法

冷蔵庫に入れておくと24時間程で解凍されます。前の晩だと朝ご飯までには溶け切らないです。常温で解凍する場合は猫に狙われないレンジの中がベストです。(一度、キッチンに置きっぱなしにして外出したら見事にテトに食べられてしまいました……)ただし、夏場などは長時間放置して腐らないように注意!レンジは熱が通ってしまうので基本的には使用しません。

解凍するのを忘れていた時は?

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
猫には申し訳ないけれど1食分はカリカリのみで我慢して頂くか、禁断のレンジを使うかのどちらかです。レンジを使う場合は、10秒毎に取り出して混ぜて、足りなければ更に10秒……といった具合に少しづつ溶かします。お肉が溶けてきたら数秒単位で行わないと、あっという間に火が通って大事な酵素を失ってしまいます。

食事の切り替え方

簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
ドライフードのみを食べていた猫に、いきなり生肉を与えるのは飼い主としてもちょっとした勇気が必要です。最初から全部準備するのは大変なので、まずは鶏むね肉やササミを少量から始めてみて下さい。我が家のようにメインではなく、キャットフードの副菜として与えるのもありだと思います。

どうしても心配な飼い主さんは、リアルキャットさんから無料サンプルを貰うか、ちょっと高いですがペット用としての生肉も売られています。ただし、レバーは解毒を行う臓器のため人口飼料で育った鶏のモノは不向きです。鹿・猪については日本獣医師会より生食は辞めるようにと見解が出ていますので、注意してください。

猫によっては今まで食べたことのない生肉を突然差し出されても、すぐには食べ物と認識してくれない場合があります。毎日の食事にちょっとだけ加えることで、少しづつ慣れさてみてください。「生肉が美味しい!」と分かってもらえれば、食べてくれるようになります。(猫にも好き嫌いがあるので何をやっても食べてくれない子もいます)

食事の切り替え方法に関しては、キャットフード同様に1週間ほど時間を掛けて、少しづつ割合を増やして行ってください。突然、食事が変わってしまうとお腹を下してしまう子がいます。また、個体差によってどうしても生肉を受け付けない子もいると思うので、様子を見ながら試してみて下さい。

まとめ

今回は我が家でテトとピノに与えている生肉レシピについて紹介しました。分量などが細かくて大変そうに見えますが、実際は結構アバウトにやってしまっています。キャットフードより手間は掛かりますが、それ以上の効果を猫にもらたしてくれるので、キャットフードのみの食事にはもう戻れません。
簡単・お手軽な猫の生肉レシピ
食後に口の周りをペロペロしてるピノ

猫に生肉を与える効果やメリット!生肉主食の猫達の実態を紹介します我が家ではテトとピノには生肉(鶏)を中心に与えています。私も最初は「生の鶏肉なんて大丈夫!?」と思ってしまったのですが、4000匹以上の...
ベンガル猫のブリーダーの体験レポート!関東・九州で評判のリアルキャットを紹介人気の猫種であるベンガル猫のブリーダーは数多く、どこからお迎えするのか悩みどころです。そもそもホームページを見ただけでは、素人には何を基...